WEB会社と治療院先生の考え方の違い – 最近、感動したこと。 | ミッシェル・グリーン

WEB会社と治療院先生の考え方の違い – 最近、感動したこと。

カテゴリー:集客
2014年4月15日

ある飲み会で。ある先生とお話していたときにあまりにも素晴らしいシェアを頂いたのでブログを通して記載させて頂きます。

 

 

よくあるウェブ会社の考え

ウェブ会社は、直接顧客会うことは少なく電話メールスカイプといったネット上のテレビ電話だけでサービスを完結できるよう仕組みができていることが、ほとんどで治療院直接訪問しなくても「HP制作」「コンサル」「チラシデザイン」など、色々なことができる現代になりました。

 

そのようにシステムが発達すればするほど、効率化高利益化が実現できます。「利益が高く時間も作れる。」多くの人が理想とするような仕組みができあがるのです。

 

その反面、会わないことで仕事や対応に人間性失われ効率化重視しすぎた結果システム的になり、顧客を人と見るのではなく売り上げ表の項目、メールアドレスのリストとして見がちになります。これは、ウェブ会社やHPやブログのようなネット上だけで収益を上げているときに陥りやすい思考です。ただ、ここにいる間は、顧客がリピートしなくなっても理由が理解できないことに原因があります。

 

 

治療院先生の患者様への思い

治療院の先生は、実際に人と会い、話、接していることから人への思いをウェブ会社の人より感じているように思います。

 

その例を頂きました。

Aという患者さんは1年間、毎月5,000円で通ってくれた患者さん。
Bという患者さんは5年間、毎月2,000円で通ってくれた患者さん。
Cという患者さんは初診で回数券15万円分購入された患者さん。


A 毎月5,000円・1年の付き合い
B 毎月2000円・5年の付き合い
C 初診15万円

 

毎月2000円5年付き合ってくれている人と1回15万円支払う人、多くのWEB会社は1回15万円を支払う人を大切にし、VIP待遇をする流れは私も感じます。ただ、これでは常連さんが消えていきます。

 

このお話は、長く通ってくれている常連さんにとってはあまり面白い話ではありません。人付き合いではなく、お金だけに目がいっているということです。私たち人間が何より大切にしなければならない関係を大切にしなければなりません。WEB会社が向かっているのは、パソコンや電話ではなくその先に人がいるということです。長くビジネスを経営されている人ほど、人を大切にされます。

 

せっかくのご縁出会った人大切にするために『円』集中するのではなく、経営なので利益も上げつつ『縁』大切にするのです。特に初回15万円という高額料金支払う人ほど、リピートせず消えやすく、2000円で長く通ってくれていることほど、これからも通ってくれる大切にしなければならない顧客ということです。


そして、長く通ってくれている患者さんには付加価値のあるサービスを提供すること。それは、割引だけでなく考えるだけで色々なサービスを提供できる。

 

 

『○○さん、いつもありがとうございます。』と一言挨拶

ただ、一言挨拶に行くだけで他の患者さんは「あの人はなぜ、わざわざ挨拶をされているのだろうか。」と、長く通ってくれている常連さんだからということが新規の患者さんにとっても安心与え、常連さんも他の人にないサービスが嬉しいことでもあります。

 

 

『いつもコアな患者さんへ、付加サービス』

新しいサービスの提供時には、割引、別サービスの追加、一言声をかけて挨拶をしたりお礼を伝えるなど、長く付き合ってくれている常連さんと新規申込患者様とのサービスに付加価値を付けること。

 

 

『ある金額以上の方には、対面で会う。』

私は、30万円以上のご購入者様とは最低1度はお会いするようにしておりますが、実は、『一緒に飲みましょう。』と声をかけて頂ける先生には普通にお会いしております。

 

 

『対面は、想像以上に双方に利益を生む。』

業界裏話やその会社の特徴、どうやってビジネス上手くいっているか。上手くいっていないとしたとき、電話では言えない本音を話してくれたり。何より、その人を知ることができ、人間関係が築けることは、今後の仕事でも信頼ある状態で行えることは双方にとって大きな利益でもあると思います。

 

そして、その先生は、私に衝撃の1言を伝えて頂けました。

 

 

『極端な話、治療をするのではなく人生を変えている。』

施術をされる際に『怪我の治療や機械をあてに来るだけではない。私は、人生を変えるサービスをしている。』という言葉には、基準高く施術されていることに感銘致しました。

 

そして、その先生は、最後に私にこうアドバイス頂けました。

『左迫間さん。システムは、ネットで良い。でも自分はアナログでいるんだ。』

この言葉と先生の熱い情熱に心動きました。

 

これは、私たちがWEBをメインにビジネスをしている人が1番大切にしなければならない項目ではないだろうかと考える1日でした。


TOP> > WEB会社と治療院先生の考え方の違い – 最近、感動したこと。