スマホ対策必須に!ネットをPC利用者よりスマホ利用者とうとう超える | ミッシェル・グリーン

スマホ対策必須に!ネットをPC利用者よりスマホ利用者とうとう超える

カテゴリー:集客
2015年6月2日

yahooニュースより

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150526-00000020-rbb-sci

 

こちらの記事によると、「スマホからのネット利用者数」は2015年4月時点で4,832万人、「PCからのネット利用者数」は5,100万人だった。ここ2年を見ると、スマホからの利用者数は月平均60万人以上のペースで増加しており、、このままのペースが続くと、今年の冬頃に、スマホからの利用者がPCからの利用者を超える可能性がある」とのことから、今後一層スマホを利用している方からの需要が見込まれます。

 

 

性年代別では、高年齢層が増加。「50代以上の女性」では57%増加、「50代以上の男性」では32%増加となっている。

 

→高年齢層の方々もスマホを使われる機会が増えてきておりますので、初めての方でも見やすい、わかりやすい、操作しやすいサイトが顧客を獲得していくうえでも重要な要素になってくると思います。

 

利用時間をみると、スマートフォンからは1日あたり1時間48分、PCからは1日あたり54分、ネット利用がされていた。

 

→いつでもどこでも、手軽でPCと比べると立ち上げるまでに時間がかからない、コンテンツが豊富で操作が簡単という部分がPCのネット利用時間よりもスマホのネット利用時間を押し上げている要因になっていると考えられます。

 

「29歳以下の女性」がもっともスマホからのネット利用時間が長く、1日あたり2時間24分利用していた全体では、女性が男性よりも長く利用する傾向が見られた。

 

 →女性の方が長くネットの利用時間が長いことから、女性向けのデザインのサイトにすることで、女性をターゲットに集客を行うこともできるようになり、SNS(facebookやtwitter)で情報も拡散され、良いサービスを提供している所は、より多くの顧客を獲得することができ、有利な展開を進めることができるでしょう。

 

さらにB to C(消費者向け)商材のクライアント企業のアクセス解析ログを分析したところ、検索エンジンからの流入の内訳はPCユーザー1:スマホユーザー2か、それ以上になってきています。
B to B(法人向け)商材でも1:1に近づいてきています。

つまり、全体の半分から、66%以上がスマホからのアクセスなんです!!

これらの内容から、スマホユーザーの数とPCユーザーの数が完全に逆転する前(既にアクセス数はスマホが上)にスマートフォン対応を急ぐ必要があります。

スマホ対応には3つのポイントがあります。

1、スマホユーザーを意識したわかりやすいコンテンツ作りをする

 

■患者様が求めている項目にボタンを3回押すまでにたどり着く。


症状の内容、解説が見たいという患者様に対して素人でもわかるような内容の項目で、
かつ押しやすいボタンの大きさであること。

■タップできる場所を枠で囲うようにして誰が見てもわかりやすく、お問い合わせ電話などもスムーズに行える。


こちらも上記内容と同じですが、初めてスマホを使う人でもわかるくらい、電話を掛けるときも簡単で
ユーザーの方の負担が少ないことがポイントになります。


■お問い合わせ項目に入力する内容を最低限の項目にする。

たくさんの内容を入力するのは時間がかかりますし、入力している時に面倒くさいと思われてしまう事で
途中で止めてしまう方もいらっしゃるかもしれません。他に入力する項目があっても問題はありませんが、入力必須項目は、最低限の情報(名前、メールアドレス、要件)にとどめておきましょう。

 

2、治療院のホームページの全ページをスマホ対応(レスポンシブ化)する

 

■レスポンシブウェブデザインを用いて様々なスマホやタブレットに応じた閲覧環境で最適化をする。
 

現状色々なサイズの画面のスマホがあります。それら1つ1つに設定をかけることは難しいです。
レスポンシブウェブデザインはサイズに応じて画像や文字サイズ、コンテンツの場所が自動的に入れかわります。

今後の動向から、必須項目になり、今年の4月21日からgoogleで実施されているスマホ対応サイトをモバイル検索結果で優遇するアルゴリズムに変更するという内容から、SEO対策にもなっております。


■ページが表示されるまでのロード時間を早める。

 

項目を押した後すぐにページが開かれないとイライラされてしまう方も少なくないかと思います。
そこで弊社では新しくスピード対策と称してロードさせるまでの時間を短縮するプランも提供しています。

 

3、スマホユーザーを治療院のサイトに集めるための他サイト等からのリンクを構築する

 

■エキテンなどのポータルサイトに登録する。

ホームページの様々なリンクからアクセスして頂くことで治療院の集客に生かしましょう。

例、エキテン、ままテン、ジコテンその他ポータルサイト

 

■you tube

you tubeから院のリンクを張り付けて動画を見た方が治療院に来てくれる。

一度動画を見ているので、親しみやすさや商品を進めやすくなるなどのメリットがあります。

 

 

治療院のホームページの全ページスマホ対応は時間やコストがかかりますが多くの院が急速に対応をするようになってきています。

単に現状のPCサイトをスマホ対応するのではなく、古くなってきたPCサイトのデザインを完全にリニューアルしてその際についでにスマホ対応するところが増えてきています。そのため治療院のホームページが相対的に古びて見えてしまう現象すら起きてきています。

ホームページのリニューアルを検討してきた方で、未だリニューアルをしていない方はデザインのリニューアルと同時にスマホ対応もしてもらうように同時発注すれば当社ではコストを圧縮できます。

 

治療院の先生方が直接できる簡単な内容ではありませんが、今後、新しくホームページを制作される先生や修正を考えている先生方へ、こうしたいといったご要望があるかと思います。全ての要望をかなえることは難しいかもしれませんが、できるだけ患者様に来ていただけるようにするための手段として頭のかたすみに入れて頂ければと思います。

 

スマホを使っている方も多くなってきているので、使いやすさを重視したコンテンツ、内容に変えていきましょう。


TOP> > スマホ対策必須に!ネットをPC利用者よりスマホ利用者とうとう超える