Googleのパンダアップデートが数週間以内に実施されることを発表! | ミッシェル・グリーン

Googleのパンダアップデートが数週間以内に実施されることを発表!

カテゴリー:SEO
2015年6月5日

2012年の事です。治療院ホームページから新規患者様を月間30名、50名ほど集めていた先生方から「1桁まで落ちた。」「検索で全く自院を見なくなった。」と多くの報告が上がって来ました。

パンダアップデートが行われた年にペンギンアップデートという新たな整理が行われたため、ダブルのアルゴリズム変更により検索エンジンが変動したのです。結果、「集客数が激減してしまいました。」というご相談が多くなったのを覚えております。

そして、先日。2015年6月2日に米国のSEO情報サイト「Search Engine Land」から発信された情報で、Googleが数週間以内にパンダアップデートを再度、実施するという報告が上がりました。
「Google Panda Update Coming In Upcoming Weeks Google’s Gary Illyes says webmasters can expect a Panda refresh within the upcoming weeks.」(Barry Schwartz on June 2, 2015 at 8:45 pm)

 

 パンダアップデート

 

パンダアップデートの特徴

 

以下、要因を検索順位から落ちる要因としてシステムを洗い出してみました。

オリジナルでない文章で構成されている。(まるパクリ)
内容が薄い。(ちょっと手を加えて書いただけ。)
他のページと大きな違いがない。(書いていることが毎回同じ)
ソーシャルメディアとの連動性がない。(信用に欠けてしまう。)

 

この様なマイナス要因が一つでもあると、簡単に5位、10位単位で落ちることがあり、ひどいと100位にも入らなってしまいます。

 

どんな記事も1位~10以内に入るために。

 

2012年初めまでは、本当に集客が簡単でした。
ホームページのSEO4第要素だけ30分で対策だけで新規10名、20名、ブログを30記事書けば当然の様に、新規患者5~13名来院など、なかなか景気の良いものでした。

しかし、そうしますとブログのクオリティが落ちてきます。簡単に集客ができるからです。パンダアップデートが導入された理由は、あまりにも検索エンジンに内容の薄いブログ記事や治療内容が増えたことが理由でもあります。

先生にとっての『書けば、上がる。』は、検索ユーザーには「見ても大した情報がない。」と判断され、検索数が減ることからパンダアップデートが行われた事は、患者様にとっては効果的な「ふるい落とし」につながってしまったのです。

 

導入後、集客が激減

 

パンダアップデート導入より、サブページがまるまるコピーであるホームページが検索結果から姿を消したのはこの年でした。
先生によっては、改善方法がわからず1年間も元のランクまで戻らないということもございました。

ただ王道である以下、2つをしっかりと行っていれば変更があったとしても集客数に大きな変動をさせないように未然に防ぐことができます。

 

『日ごろからの更新』
『ユーザーのためのコンテンツ提供』

 

これは、是非、チャンスであるととらえて下さい。
検索エンジンから落ちた人たちがいるということは、逆にそれだけ上がることも可能と言うことです。

事前に強化することで1位~3位の方が100位まで落ちたとした時、繰り上げで4位~6位の方が上がりますから
それを利用しない手はありません。

 

警報を鳴らすだけでは、足りなかった。

 

2011年5月から『サブページは、コピーではなく、オリジナルのコンテンツにしてください。そうでないといつかコピーし合っているホームページが一斉に検索から消えます。』と話しておりましたが、翌年、それが現実に起こってしまいました。

その時、私は反省をしました。
『サブページをオリジナル文章が提供できるほどのライターがいればこのようなことが起こらなかった。』と思ったのです。

 

それから本日に至るまでホームページを制作するにあたり、文章でコピー厳禁でコピーでしか提出ができない場合は、オリジナル文章に変更する事を徹底しました。
ライターも増やし、検索エンジンから表示されない。消えるとうことがなくなりました。

 

 

文章量があれば、1位を取りやすい。

 

今年までコンテンツは重視されるといってもそれなりの記事を書いて、文章量を増やせば検索で上がっていました。
よく見ると「地域名 整骨院」で検索をかけるとほとんどの場合がトップページ文章量の順番に検索で表示されております。

一つ例を出してみましょう。

 

「久留米市 整骨院」の検索結果

 

エキテンが1位でそれより、整骨院のみ上から検索順位順に掲載させて頂きました。文字数と順番をご覧くださいませ。

http://hureaiseikotuin.com/
トップページ文字数4311文字

http://www.ishibashi-s.net/
トップページ文字数4520文字

http://www.kurumeseikotuin.com/
トップページ文字数1486文字

https://ja-jp.facebook.com/irodori.seikotsuin.jp
フェイスブック

http://www.ebisu-seikotsuin.com/
トップページ文字数1695文字

http://www1.bbiq.jp/kanemasa/
トップページ文字数7055文字
(検索で上がらない理由は、SEOの設定が他のキーワードでされているため)
http://seocheki.net/site-check.php?u=http%3A%2F%2Fwww1.bbiq.jp%2Fkanemasa%2F

http://www.zendouji-seikotsuin.com/
トップページ文字数650文字

ご覧の通り、『文字数が少なくなる。』もしくは『オリジナル内容が多い。』ホームページが上がっております。

 

文章量を増やすだけではダメ!滞在時間を増やさなければならない。

 

今回のアップデートが施行される近い将来には、本格的に文字数ではなく、滞在時間が最優先される時が来るのではないかと考えております。

オリジナルであり、独自性のある院は注目を浴びやすく、逆に、特に特徴がなければ上手くは行きづらいです。

上記のように『文字数でどうにかする対策』も、使えなくなる可能性が高くなるのは、そう遠い先の事ではないでしょう。『滞在時間重視で、ユーザーが求めているかどうか。』の優先順位がどんどん上昇し、具体化するのではないかと考えられます。

今回は、完全なるユーザー目線ではないにしてもそれにかなり近いもので、我々が簡単に行いやすく結果になりやすいものが排除されると考えております。

 

簡単に独自性とは。

 

『世界にここだけしかないことを提供する。』

数十万のキーワードの検索順位を取っているのでまた、導入後に随時結果をご報告したいと考えております。


TOP> >> Googleのパンダアップデートが数週間以内に実施されることを発表!