山形県米沢市の加藤接骨院ご訪問 タクシー運転手さんからアドバイス | ミッシェル・グリーン

山形県米沢市の加藤接骨院ご訪問 タクシー運転手さんからアドバイス

カテゴリー:飲み会
2014年2月27日

 

ご訪問前日に加藤接骨院 加藤先生とご一緒にすきやきを頂きました。これが有名な米沢牛のすきやき。

とても美味しく、肉の色も赤ではなくピンクと白ですごく綺麗でした。加藤先生、本当にご馳走様でした^^

 

 

モーニングここあ

コーヒー

 

お伺いがお昼だったのでそれまでゆっくりとここあタイム♪

 

 

 

そして、本題。タクシー運転手さんが教えてくれた落とし穴

院へご訪問するときに駅からタクシーで10分ほどでした。

 

タクシー運転手さんに「加藤接骨院へ行きたいんですけど。ここです。」とパソコンで地図を見せると、

「ああ、加藤接骨院さんね。知ってるよ。有名だから。」とお話しされており

加藤接骨院さんは、米沢でも知られているようで運転手さんは、「交通事故やらむちうちで検索すると多くを取っているよね。」と言っていました。

 

私は、タクシーの運転手さん、よく検索を見られているんだな。っと思いました。笑

 

 

本題 患者様が来院するときタクシーで言う言葉

加藤接骨院さんのお話で盛り上がるとタクシーの運転手さんが「加藤接骨院さんと言えば、交通事故の治療してるでしょ。よく患者さんがタクシーに乗りに来るんだけどね。『加藤接骨院』と「整形」と「整体」の区別が患者様はわからないんだよ。だから近くにある似た名前の「加藤整形」さんに行ったときに、患者さんがここじゃないっていうこともあるんだよね。」

 

まさか、タクシーに乗った時まで院へ行く予定だったはずの患者さんが初回来院で「整形」と「接骨院」の区別がわからず、曖昧に覚えて整形とうる覚えで言ってしまうと来院にはならないことがわかりました。

 

ここでタクシーの運転手さんに「どうしたら、患者さんは似ている名前が多くあるところへ目的地へ来院することはできますか?」と聞くと「『その周辺や目の前にある建物や家の目の前』って言うと着けるよ。」と教えて頂けました。

 

ちなみに加藤接骨院さんは、とてもわかりやすいところで「米沢のドンの酒井彰さんの家の前」と言うとこの地域では知らない人がいないため似ている名前の院があったとしても確実に到着できるようになるということです。

 

 

タクシー運転手さんに伝える一言の追加 ホームページの改善

トップページ、交通事故ページでお問い合わせには、院へタクシーを使う場合は、患者様が確実に来院できるように「タクシーの運転手さんに●●と伝えると当院へ到着できます。」と入っているとより、来院可能性が上がるとタクシー運転手さんから教わりました。

 

 

タクシーのおまけが可愛い。

またごんざい 上杉謙信 直江兼続 前田慶次

 

加藤接骨院さんへ到着するとタクシーの運転手さんに頂きました。

左から 『またごんざい』 『上杉謙信』 『直江兼続』 『前田慶次』 のカブトの折り紙です。

とても可愛く、お会計で1つ頂いて、「これ可愛いのでブログにアップしますね。」と言うと

全種類くれた。笑

 

久しぶりにおまけを頂いて喜びました。


TOP> >> 山形県米沢市の加藤接骨院ご訪問 タクシー運転手さんからアドバイス