たかこ整骨院 高子大樹先生とお食事治療院についてミーティング | ミッシェル・グリーン

たかこ整骨院 高子大樹先生とお食事治療院についてミーティング

カテゴリー:飲み会
2014年3月7日

たかこ整骨院 高子大樹先生とお食事治療院についてミーティング

→Facebook

 

近日出版予定のたかこ整骨院 高子先生

株式会社ライトワークス 代表取締役 兼高子整骨院院長の高子先生は、金沢八景にある素晴らしい院で駅前でもないにも関わらず行列ができたり、保険と実費の両方を行われているのですが保険患者様は、2時間待ち、それでも並んで受けたいと患者様がいらっしゃるくらいです。

 

たかこ整骨院さんは、伝説が多くあり施術を受けるために並んでいた大工さんが待ち時間を利用して立って待っていた客さんのためにそこらにある板を使い、椅子を作ってしまったという伝説がたくさんあります。

 

これを先生に「こんな話、他で聞いたことないです。」というとそういった出来事が当たり前のようでその基準の高さにびっくりしました。

 

 

この日、たくさんのノウハウを頂きました。

高子先生は、本当に素晴らしい先生でお話をしているだけでもノウハウがあふれ出るようなアイデアをお持ちでご一緒にお話ししてるだけでHPに関しても素晴らしいお話をたくさんいただきました。

 

その一部を公開させて頂きます。

 

 

問診票HP

待ち時間に実費治療と悟らせるHPのお話で盛り上がりました。

 

待ち合い室で患者様が待っている間に当院である特定の症状である場合に実費治療を行うという内容を記載するのです。これにより待合室で実費営業ができるようになります。保険から実費になる特定条件をHPに書き、問診票として患者様にご覧に頂くのです。

 

「HPをご覧の通り、○○さんは痛みがこれにあてはまるので実費でこれとこれの治療を行います。」と患者様へ言いやすくなります。

 

HPのサブページですが治療項目を説明しているページとして問診票代わりに使うことができ、患者様も確認したときに自分の状態をわかっているので実費へ自分から申告しやすくなります。

 

待ち時間で実費誘導をすることができれば利益を生む良いシステムが一つできます。

 

 

このメリットとしては、例えば、腰痛がひどいときには当院での施術は、ホームページで記載されて方針のように5,000円ですと言いやすくもなります。

 

 

高額な治療器具は、原価と治療値段をHPに掲載

1院1つはございます高額治療機器。HP掲載する際は購入金額ではなく原価金額を掲載するのです。そして、治療機器写真、原価を掲載した下に治療金額を入れれば普通より安く見えます。

 

原価で治療機器がどれだけすごいかブランディングするのです。

それにより、1回の治療が安いことを知らせるのです。

 

目的に合わせて施術を行う。

趣味の話を聞きます。映画や釣りという話が出てきたら、「今の状態では映画で座ることが困難なので映画を見に行くために遺体を取りましょう。」という目的誘導です。

HPでも目的をしっかり設定させ、治療を行った後に趣味を行う達成をイメージさせてあげるのです。

これが関心を持たせるストーリーを描かせ目的を達成するために施術を行う方法です。

 

 

最後に頂いた面白い言葉では、「ホームページ見たんですね。ネットサーフィンしてるんでしょ。それは慢性ですね。」という言葉に私も反応してしまいました。笑

 

 

本当に面白いアイデアをお持ちでこれからも長いお付き合いができればと考えております。

来月も飲みましょう^^


TOP> >> たかこ整骨院 高子大樹先生とお食事治療院についてミーティング