ソーシャルメディア対応HP・FBで拡散・システムのからくり | ミッシェル・グリーン

ソーシャルメディア対応HP・FBで拡散・システムのからくり

カテゴリー:飲み会
2014年4月3日

高子先生と飲み会

 

 

最近、流行りのソーシャルメディア対応のHP。いいねボタンをホームページ全ページに付けて連動をしたり、色々な人に広がりやすい環境を作ったり。フェイスブックは、『シェア』だけでなく『いいね』や『コメント』でも結構、拡散されるので『いいね』ボタンだけでもホームページへ設置することをおすすめ致します。

 

 

例:『いいね』『シェア』

 

上にある『いいね!』ボタンを押しても、ずっとしたにある『いいね!』を押しても設定されているページは、このページなので1つ押すと効果が発生します。

 

ちなみにこのホームページでは、右側サイドバーとホームページずっと右上と右下にそれぞれ『いいね!』が付いていますが上記、『いいね!』を押しても作動しないのは、別ページを設定しているからです。1つの『いいね!』でも色々なページに設定をすることができるので拡散したいページを色々な位置に付けるとまた、広がりやすいです。

 

 

『いいね!』ボタンを押すと

上記、『いいね!』を押すとこのような画面が出ます。『いいね!』を押してもらっただけでは終わりません。『いいね!』を押してもらったら『シェア』もして!と頼みに入ります。『シェア』頂けたらまた、広がりやすくなります。

 

 

 

本日、本当にありがたいことに高子先生に以下、ページを『シェア』頂きました。

『シェア』頂くとフェイスブック上では、このように表示されます。

 

高子先生シェアSEO記事

 

 

『いいね!』されやすくなりますが以下、画像のようにこのページ上ではなく、フェイスブック上で『いいね!』をされるとそれは、どこに反映されるかというと。

 

フェイスブック上でリンクシェアされた際に貯まった『いいね!』は、どこにいくかというと。

フェイスブックいいね

 

すべて、シェアされたページの『いいね!』に貯まります。

 

 

拡散は、『シェア』だけではない。

・○○さんがコメントをしました。

・○○さんがいいねをしまいた

 

コメント頂くだけでFB上でニュースフィードで表示されます。

 

友達にも流れる。

 

 

コメント・いいねの最大のメリット

新しい投稿が来ると『シェア』された記事は、どんどん下に降りていきますがコメントされると以下、画像のように新着記事ウォール1番上からもう一度流れ出します。

 

ウォール1番上からもう一度

 

これは、100%上に戻るわけではありませんが確率は結構高いです。

 

他にもシステムを合わせるとFBとホームページのコメント機能を連動したり、色々できますがFBシステムも頻繁に変わるのでその度に修正しなければならなくなるのであまり投入しておりませんが、ソーシャルメディア対応HPならあるだけの機能を連動するのは、ありだと思います。

 

 

写真シェアの場合

このように写真シェアでは、ホームページには『いいね!』は、貯まりません。

 

写真シェア

 

 

リンクシェアが『いいね』が貯まる。

リンクシェアでも写真は、表示されます。その代り、写真より拡散率は高いですが『いいね』率は極端に下がります。より、広げたいときはリンクシェアをおすすめ致します。

 

この度、のブログ記事は、高子先生から『シェア』頂き、それから制作に入りました。高子先生。素晴らしいコメントを頂きました金岩先生と『いいね!』を下さったみなさまへ心よりお礼を申し上げます。


TOP> >> ソーシャルメディア対応HP・FBで拡散・システムのからくり