金岩先生による『かないわ方程式』 | ミッシェル・グリーン

金岩先生による『かないわ方程式』

カテゴリー:飲み会
2014年5月8日

 

金岩先生と川崎でお食事。最近、「人に行ったことが返ってくる。」という法則を良く耳にするようになり、それについてご存知の方も多くいらっしゃいます。金岩先生は、それについて詳しくご存じのため、今回、記載させて頂きます。あまりにも深いお話が多く「ほぁ~」という1日お話でした。

 

 

『唾を天井に向かって吐くようなもの』

人に悪いことをしてもわからなければ大丈夫でと考えている方もいらっしゃいますが、それは唾を上に向かって吐くと、自分の方へ戻ってくることと同じように悪いことをすれば必ず返ってくるという意味でを自分にかけるようなもの』ともあります。

 

ここからが私が感動した例であるのですが、もし唾を吐いた後に自分が避けたとしてもその後ろには、子供やその孫がいるからどこかで必ず当たってしまう。」というお話でした。逆の例ですが良いことをすれば同じようい返ってくるという話ですね。

 

 

水の結晶

あたり前のように不平不満を言うことがありますがそれも「自分に返ってくる。」ということです。言ったことを言われるようになるという単純な話ではなく、「水の結晶」という本でも悪い言葉を使うと水の形が変わるという話があるように人間も多くが水でできているため、言葉によって影響を受けやすいというお話です。

 

 

手押し車

「手押し車は、坂道を上るときにずっと力を入れていなければなりませんが、少しでも力を抜けば一気にコロコロ下まで坂道を降りて行ってしまいます。「経営者も一時でも油断をしてはいけない。」と金岩先生のご祖母様がお話しされ、金岩先生はこの言葉を大切にされていらっしゃるということです。おっしゃるように気を抜けませんね。

 

 

これをかないわ方程式と呼ぶ。

金岩先生の人生で『ある基準』を満たさないときに起こる災い、その基準をかないわ方程式と呼びます。3つの事柄があり、1つでも守れない時にそれは、『自分の体、子供、家族がおかしくなるか大きな病ににかかる。』ということです。

 

金岩先生の過去の経験である先生がクリーンなお金を稼いでいても使い道でかないわ方程式を破られた先生は、早く亡くなられていらっしゃったり、お子さんに影響があるなど。この方程式を守らずにはいられないような内容を多く聞くことができました。

 

私もかないわ方程式を守っていない経営者を知っておりますがその人たちは同じように似た運命を行かれるので少ない経験からもこの方程式の大切さを知りました。

 

 

金岩先生より、いつも本当にありがとうございます。

=========================

今日は僕の悩みを聞いてもらうために
スーパー左迫間さんに時間を作ってもらいました。

治療院のノウハウを持っているので
いつも頼りにしています。

仕事の関係だけでなく、ひとりの男性として
とても魅力的なので、安心して、自分の悩みを
打ち明けてしましました。笑

治療院を経営されている方は、
信頼していいと思いますよ。

ミシェルグリーンを検索して、
内容をジックリと見てください。


TOP> >> 金岩先生による『かないわ方程式』