武術世界チャンピオンのリーさんとお会い | ミッシェル・グリーン

武術世界チャンピオンのリーさんとお会い

カテゴリー:飲み会
2014年5月15日

 

武術の世界チャンピオンのリーさんは、武術も一流ですが人間性も本当に素晴らしい方でスタッフさんとお話しした際にも皆様、リーさんという人に惚れて入られたと口をそろえておっしゃっておりました。私も思いましたが「本物に出会えた。」と思いました。

 

お話からもすごく高い領域からお話頂いていることがわかります。リーさんとお話をしただけでも武術で勝ち目がないことが感覚で伝わってきます。試しに立って、腕相撲の姿勢で手を組む腕相撲を教わりました。普通は力の強い人が勝ちますがリーさんは、自分より身体の大きい人でも指1本で「おっとっと」と相手はよろめかせるくらいのことができます。

 

「こんなこと、武術を数十年練習した人しかできない達人の領域。」と思っていましたが教えてもらうと私でもできるようになりました。その日が特別なのかと思い、別の日に他の人で試して同じ結果になりました。それは、ちょっとした肘の向きや指の位置など、細かいテクニックではありませんでした。

 

 

たった一言を発しただけで指一本で腕相撲に負けない。

「言葉の力」を学ばせて頂きました。たった一言発するだけで普通は勝ち目のない腕相撲で相手がよろめく。そんな、達人の領域にいらっしゃるリーさんから武術の歴史をご教授頂きました。

 

最近の日本でよく使われる言葉は「夢」という言葉です。「夢」とは、こうなりたい。ああなりたい。フェラーリがほしい。大きな家を建てたい。海外旅行をしたい。お金持ちになりたい。自分の夢がメイン。

 

武術の言葉の中で「志」という言葉があります。これは、人の、社会の為、世界の為にこうしたいと。思いを持つことですが、「夢」「志」という二つの言葉では、自分の為に思うか、世界の為に思うか次元が違うことがわかります。

 

人として、高まる人は自分の為の夢ではなく、『「志」を持ち人のために』と動いていく。ビジネスは、応援してくれる人が増えると成功すると言いますが、私は、与えることがビジネスと思うので「どれだけの人に貢献できたか。」がビジネスの成功ではないかと思います。

 

このようなお話が5時間程ありました。本当に素晴らしい内容ばかりで驚きの連続でした。

 

リーさんから武術の歴史をご教授頂いて、マーケティングでもそのまま武術を駆使しようと思いました。

これは、コンテンツとしてとても素晴らしいですし、マーケティングに応用すれば大きな結果が作れると思います。これから治療院のマーケティングは、若干、武術のノウハウが入ってきます^^


TOP> >> 武術世界チャンピオンのリーさんとお会い