大阪で整骨院経営者の上村先生と飲み会|スマートフォンファースト・モバイルファースト | ミッシェル・グリーン

大阪で整骨院経営者の上村先生と飲み会|スマートフォンファースト・モバイルファースト

カテゴリー:飲み会
2014年7月23日

 

 

大阪のコスモ鍼灸整骨マッサージ院さんへご訪問させて頂きました。

やきとりをご馳走になりまして、ご一緒に最新のSEO対策やウェブマーケティングについて、ご一緒にお話させて頂きました。

 

 

スマートフォンファースト

最近では、ほとんどの整骨院でグーグルアナリティクスによりアクセス解析を見ると60%以上がスマートフォンでのアクセスであることがわかりました。2013年1月では、35%以下でほとんどの院が20~32%くらいでございましたが今では、2倍以上になり、2014年10月には、インターネット利用者でパソコンをスマートフォンが抜く数値も出ていることから早めにスマートフォン対策が必要と言えます。

 

これから対策の一つに取られる手法は『スマートフォンファースト』

 

 

ホームページ作成でスマホサイトを先に作成

今までの流れは、PC(パソコン)によるアクセス数が多かったのでパソコンサイトを先に作り、次にスマートフォンサイトを作成しておりましたが、今ではスマホからの利用者が増えたので逆の工程で『スマートフォンサイトを先に作成して、それをPC化』する流れの方がスマホユーザーが多いので、多数決で見やすいサイトを作成することができます。

 

もう一つは、システムのお話になりますがPCサイトをスマホ化すると画像が小さくなり、文字が見えなくなったり、スマホ化により行間が小さくなるのでPCで綺麗に見えていたものがスマホで行間がバラバラになったりします。

 

ただ、逆にスマホを作成してからPC化する場合は、画像幅はスマホの幅で作成したものはPCでもそのまま利用できます。行間も広がるので調整がしやすくなります。

 

 

2011年から言われていた「モバイルファースト」

実は、この手法は「モバイルファースト」とも呼ばれ、2011年から言われていることでもありましたが当時はスマホユーザー数も少なかったので導入している方も少なかったことがあります。

 

現在の状況から簡単にお話させて頂くとPCサイトは、『しょぼくてもスマホサイトはしっかりと作る。』という流れです。

 

今後、ホームページに力を入れる割合では、スマホ9:PC1

以上の割合でスマホに力を入れてHPを作成することがより、集客に近づきやすいHPを作成することができます。

 

 

インターネットの状況は大きく変わり始めている。

昨年までは、インターネットだけで集客ができたのでそれを「インターネットがパラダイス」と呼んでおりました。ただ、今年に入ってから大きく変わり、リアルの世界で評価されている院が上手くいく方向にシフトがきつくなってきました。

 

状況としては、インターネットは、これまでが『演習』、そして、これからが『本番』

これからの先行者にアドバンテージがない時代になっていきます。


TOP> >> 大阪で整骨院経営者の上村先生と飲み会|スマートフォンファースト・モバイルファースト