世界でご活躍されるマーケティングコンサルタントとお会い | ミッシェル・グリーン

世界でご活躍されるマーケティングコンサルタントとお会い

カテゴリー:飲み会
2014年9月24日

 

『会いたかった~。』

ローラ・ライズさんとアル・ライズさんは、昔からマーケッター兼経営者として尊敬しておりました方で20歳のとき、初めてマーケティングを学んだときにローラ・ライズさんの動画でビジュアルハンマーを見てから、ファンになってました。

 

今回、ローラ・ライズさんは司会進行をされて、お父さんのアル・ライズさんはマーケティングについて2つのテクニックをご教授頂きましたのでそのうちの一つをシェアさせていただきます。

 

 

ビジネスは、集中

治療院で多く頂くことは、2つございます。田舎と都会の例をご紹介させていただきましょう。

田舎・交通事故患者様が多く来院されるのでこれから美容を伸ばしたいと思います。

都会・実費患者様が増えたのが交通事故患者様を集めるHPを作ってください。

 

この流れは、とても多いです。1事業で上手くいくと、今やっているもう一つを伸ばそうとされます。私は、このお話が来たときにはできるだけ止めるようにしております。

 

『1つの事業で上手くいくと2つ目3つ目を展開しようとする。しかし成功する企業が失敗する多くの要因は事業展開をすることにある。成功したときほど事業を集中しなければならない。』

 

整骨院で上手くいったとき、コンサルタントになる先生も多いですが事業展開することによって、整骨院では10年目でもコンサルタントとしては1年目。交通事故患者様を集めるために使っていたノウハウも美容では通用しない現実を田舎で交通事故患者様を多数施術され、美容に展開された院の経営者は感じております。

 

我々は、治療院を経営していく中で治療項目も「肩こり」「腰痛」「膝痛」「ぎっくり腰」数えれば1院8つ以上の項目を治療できます。本当にそれだけの項目が必要なのか。

『専門性を上げれば上げるほど、ニーズは高まります。』現在、事業展開をされようとお考えの場合は、現在費やされている時間がもう一事業分増えると考えて、できるかできないか物理的に考えた後に展開されることをおすすめ致します。

 

集客が上手くいかれて次のステップに来ている場合は、マクドナルドがハンバーガーで上手くいったからといって、一般のハンバーガー屋にコンサルティングをしていないのと同じように治療項目を増やされるなど、されるよりも1施術項目をより明確なサービスとして打ち出し、その項目のニーズが多いところで分院展開される方が効率的なのではないかと考えております。

 


また、美女マーケッターと一緒に撮影!と思ったら、
隣にお父さんが。汗
ローラ・ライズさんとお父さんのアル・ライズさんの間に挟まれ
心の中で戸惑うジャパニーズボーイ


ローラさんは、ブランド戦略のコンサルティングをされ、アメリカではベストセラー作家としても有名でテレビ評論家としてもご活躍されるので昔から尊敬するマーケッター。


お父さんのアル・ライズさんは、世界でもっとも著名なマーケティング戦略家として、大手のコンサルでご活躍されており、親子で協働経営されていらっしゃる素晴らしいマーケッターでした。


数年前、ローラさんの動画をYoutubeで見て今のビジネスの軸にもなっていたのでお礼を伝えて、記念撮影。


ローラさん、セレブ感が半端ではありませんでした。一緒に撮れて!嬉しいです!!

 

追伸
ちなみにフィリップ・コトラーさんから
『マーケティングは3.0から4.0になった。』と内容を頂きました。
次回、飲み会で^^


TOP> >> 世界でご活躍されるマーケティングコンサルタントとお会い