本当に重要な情報は・・・ | ミッシェル・グリーン

本当に重要な情報は・・・

カテゴリー:マーケティング
2015年6月9日

ネットには、出回らない。 

 

 

『調べれば見つかる。』とググっても革新的な情報はインターネット上では出回らず、足を運んだ人にだけその情報を聞くことができます。

パソコンやスマートフォンが進化してもまだ、人と人は対面によりメールや電話では開かれない心の扉を開くようです。

 

 

ブログ、ホームページ

 

筆者は、知識が手に入りますが全ての情報を明かすことはしません。特に最新のすごい情報を大多数に見せたいかというと、それなら身近な人たちにだけシェアしたいと考えるのではないでしょうか。

まず、ウィキペディアが誰でも編集し、更新でき匿名でブログをできることからネット上に掲載されていることだから、本当だと思って読むことが危ないのではないかと思います。それらを信じることも治療院の先生の良いところでもあります。

だから人の良い先生には、患者さんのためにつながる情報や人は選んでほしいと思います。

 

 

メルマガ

 

メルマガは、ブログのようにネット上に無差別に流れず、検索エンジンにも掲載されないので大多数ではなく、登録している一般よりコアな方々に情報がシェアされます。そのため人としての関係性は高く人間味のある話や一般より良い話を聞くことができます。それでも無料です。

無料で公開されている情報の価値は、無料です。我々、情報提供者は、あたりまえの価値基準を持っております。

『なかなか成果を上げられない。』とご相談をいただくとき、ブログとメルマガ、安いセミナーから情報を仕入れているというお話を多くの方にお伺いいたします。現代では、人間が一生を費やしても情報を収集できないくらいにあります。それでもなお毎月また新しい情報が上手いオファーで発信されます。

時間・エネルギー<お金

我々に必要なのは、『時間をかけて、労力を費やしお金を使わないで成果を上げる。』ではなく、『お金とエネルギーを使い、いかに時間を作り新しい成果を上げていくか』と考えております。

時間を使って無料で学ぶということは、よく考えてみると時間を1ヶ月使っているとすると1ヶ月成果を上げることが遅れます。ということは人件費と固定経費である店舗の1ヶ月分の料金がかかります。

もっと深く掘り下げると成果を上げた最終形態であるとき、先生の一番最後の月商が1ヶ月分なくなるということです。今の1ヶ月と最後の1ヶ月は大きな差がついていると私は確信しております。

時間を使うということは、想像以上に見えない損失が隠れているということです。

 

 

セミナー

 

セミナーは、料金もかかり、時間も使い、休日返上するだけあり実践をすれば成果になりやすいことがシェアされます。特に講師が『これは成果があがります。』という言葉を発することがあります。それを忠実に行うだけで全体のセミナーの情報を順番にすべて実践するより、短期間で成果を上げることが可能です。

 最近では、学ぶためにセミナーに行く先生もいらっしゃいますがセミナーは成果を上げるための場として、行かなければ世に言う有名なノウハウコレクターになってしまうので注意が必要です。

1週間に1回はセミナーに行く先生は、3ヶ月でどれくらい成果が上がったか見直しが必要と思われます。休息も経営の成果になりやすいですし、勉強も実践により成果になります。セミナーで学び成果にならないとき、『何かが足りていないのでは。』と気づいていらっしゃるのでしたら、それをするべきです。

私もセミナーに出まくったときがありました。週1どころか週2,3回で他の日はセミナーで会った人と会い、本を買って読みまくってました。これが驚くほど成果につながりませんでした。そのとき、とある方に一つのアドバイスを頂いてから私もそれを決断しセミナーに出席しました。それ以降はセミナーに出るたびに成果が上がるようになりました。

 

これは、セミナー業界にあまり良い影響ではないと思うので頂いたアドバイスは掲載はいたしませんが考え方と決断一つなのだとそのとき、知りました。

 

 

顧客専用サポートサイト

 

メルマガやブログで流したことより、身内にだけ公開できる情報サイトなので確信に触れることができます。

ブログのように一般に情報を流しているといっても良いことといけないことがあります。すべてを話せないことが残念ですがサポートサイトまで関係性が上がってくると普段、見つけた面白くためになるお話も公開できるので無料のところよりも人間関係が確立されたところから情報を得ることをおすすめいたします。

 

 

飲み会

 

「良い話が聞けるのは、セミナーより懇親会」という名言通り、ポロっと最新の成果が上がるノウハウが出回るのがここではないかと思います。セミナーやコンサルでは、何十万円、何百万円かかる有名な先生でも飲み会でご相談したときは、無料で色々とお話を聞くことができる。そのような場ではないかと思います。

ただ、無料だからといって飲み会を期に「聞きたいことがあったんですけど。」と顧客でないときに『名刺交換⇒自己紹介⇒質問の連打』はよくありますが、人間関係を作る上では好ましくはありません。そのとき、質問された方も『質問を回答してこの方のために。』と考えていたとしてもいかに質問を回答して話を終えるかということを考えます。

人間は、楽しいことに対しては率先しますがそうでないときは、なかなか回答に困ることがあります。特に質問することは、何百人が以前に同じ質問をしている可能性が高いです。

コツは、質問をしたい相手ほど忙しいことが多く、質問をしたい人が後ろに列を作ることが多いです。ただ、列が飲み会でずっと終わらないということはありません。列が終わり、一通りその方の話が終わったら料理を取ったり、仲の良い方と話し始めたりします。そのときがチャンスです。

日常会話から入り、「どこで院をされているのですか。」という質問や相手からこちらに興味を持ち、質問してくることを待ちます。質問をされたら、「ちょうど聞きたいことがあったんです。」という感じで話すとまた、違った回答を得ることができます。

 

恥ずかしながら、ちょっとしたノウハウを記載させて頂きました。

 

 

親密な関係

 

もう秘密はほとんどございません。

プライベートな話から仕事の話まで定期的に会うとフィーリングが合い最近の動向や業界のことまで、色々と聞くことができます。

ここで出る言葉がこれです。「こんな話は、ネットでは絶対に書けないよね。」

 

 

旅行

 

気分転換もされ、新しいビジネスが生まれるチャンスでもあります。

海外で紹介を頂く、外国在住の日本人の方はビジネスで一度、成功された方も多いのでご紹介による海外旅行で新しい機会を作ることも良いですね。

それらを活性化するツールがFacebookやLINEです。SNSをコミュニケーションを取るツールや寂しさを紛らわせる、好感度を上げるため。に利用されることも多いですが本質は、『ソーシャルメディアは、対面するためのツール』です。

ネットだけの世界から離れ、新しい出会いを作りましょう。


TOP> > 本当に重要な情報は・・・