サンフランシスコで衝撃を受けたこと | ミッシェル・グリーン

サンフランシスコで衝撃を受けたこと

カテゴリー:マーケティング
2015年7月30日

サイトを制作・運営でSEO(検索エンジン最適化:グーグルなどで検索したときに上位に表示されるための技術)は、とても重要な要素です。

そのSEOが近年では、大きく変化してきているようです。2012年まではSEOといえば、被リンクを集めたり、文字数を増やしたりといった、人が読みやすくではなく、検索エンジンにどう認められるか、システムに対しての対策でした。

それが、2013年以降、ユーザビリティを上げ、「このサイトで有益な情報が手に入る」「滞在時間が長い」、そして「人が見て見に行きたくなる、コンバージョン率(成功率のこと、治療院においては来院率)を高める」という、読む人のことを考えることが、そのままSEOにもつながるという方向に向かっております。

サンフランシスコでは今回、ビジネスモデルとサイト内検索というテーマについて、たった四日間でしたが、その短い期間で何十時間とお話を伺うことができました。
そこで私なりに感じたことをまとめ、現在先生が実施されていらっしゃるビジネスモデルとサイトが連動しているのか、今のサイト運営の方向性は、二年後、五年後のウェブ対策にあっているのかなど、お話を進めて参りたいと思います。

 

サンフランシスコで受けた衝撃

サンフランシスコで国際的に活躍されているマーケッターなどの方々と情報交換を行って、ノウハウについても発表があったのですが、一番衝撃を受けたのが…

これからは、ノウハウでなく、ビジネスモデルを見られる。

ということでした。

 

世界で活躍されていらっしゃるWEB関連のCEOやマーケッターにお話をお伺いさせていただきました。彼らが今、一番力を入れて対策を行っている事柄というのが、「サイト内対策」でした。そのサイト内対策の内容とは、これまでの、被リンク数を増やすことや、文字数を増やすことではなく、ホームページにどれだけ「有益な情報」と「最新情報」を提供するかということ。新しい、SEO対策でした。

治療院のホームページで言うならば、最新の医学的発表や治療家界の情報を拾い、これからの施術にどのような影響があるか、現在行っている施術が間違っていないかなど、記載するような内容が、「有益な情報」で「最新情報」に当たります。

もちろん、先生ご自身が研究された内容の発表も「有益な情報」で「最新情報」です。ホームページをお読みになる患者様が理解できるレベルまで噛み砕いて、つまりはどういう効果があるのか、直接患者様に関わるところでお話を止めるのが、良いとされています。

 

SEOノウハウの価値が下がり、ビジネスモデルの価値が上がっている

検索上位にくる条件として、そのサイトがどれだけ利用者にとって有益かどうか。つまりは、サイトのビジネスモデルが重要になっています。治療院のビジネスモデルをしっかり考えて、サイトを制作されるのであれば、自然とサイト内に記載する情報も多くなり、利用者にとっても役に立つ情報を提供できます。

こういった考え方から、小手先のサイト対策より、ビジネスモデルを明確にすることが大切になってきているのです。

 

何よりもまずはビジネスモデルを持つこと

先生の選んだ院のありかた(整骨院、接骨院、整体院、鍼灸院、治療院など)によって変わります。また同じ整骨院であっても、肩こりや腰痛、交通事故後の症状改善、骨盤矯正にしても、人が違えば考え方、施術、利点や視点も変わります。先生一人一人に、別のビジネスモデルがあるはずです。

ですので、ビジネスモデルを考えて、ホームページを運営していれば自然と他の先生のホームページと差が出てきます。それでも、他のサイトと文章が似ていたり、同じようなことしか書いていない、あまりアクセス数が集まっていないといったことがある場合は、ビジネスモデルとホームページが上手く関連付けられておらず、利用者にとって必要のない情報が多い可能性があります。必要のない情報によって、ホームページの評価が下がってしまっているのです。

 

なぜ、サイト内対策がビジネスモデルの有無にまで発展するのか

最初に申し上げましたように、2012年まではSEOとはノウハウがすべてでした。サイトへリンクされている数を増やす被リンク対策で、費用さえかければ、どんな治療院のサイトでも検索順位を上げることができました。

しかし、これからはサイト内検索対策が求められるようになります。ビジネスモデルも無く、SEO対策に費用をたくさん費やした院のホームページよりも、実際に地域で流行っている院のホームページの方が検索順位が上がることを目標とする方向へと進んでいます。

この変化によって何が一番変わるかと言いますと、今まではホームページに対するノウハウは、インターネットで活躍するものでしたが、これからはインターネットの中と外が密接に関連することになります。インターネットの外、リアル院で成果を上げることが自動的にインターネットの中での繁栄にもつながります。そして、インターネットの中、サイトを良くしていくことが、リアル院でも今までより情報量や質がよくなり、繁栄していきます。

 

 

まとめ

① 披リンク対策やSEOノウハウは、急激に効果が下がっている。
② ある効果が下がれば、別の効果が上がる。
③ これからはSEOノウハウよりもサイト内構築が求められている。
④ サイト内構築は、ビジネスモデルが元となっている必要がある。
⑤ ビジネスモデルがしっかりとしていれば、検索でも上がりやすい。
⑥ 個人のビジネスモデルができていれば、ネットだけでなく店舗も上手くいく。

これからは、インターネットとリアルを別々に考え、それぞれで成功する方法を考えるのではなく、一つのビジネスモデルのもと、二つの世界をしっかり関連付けることが大切です。先生の治療院での成果が、自動的にインターネットでの繁栄にもつながるように、変わってきています。
 

TOP> > サンフランシスコで衝撃を受けたこと