アフィリエイト・プログラム | ミッシェル・グリーン

アフィリエイト・プログラム

カテゴリー:マーケティング
2015年8月10日

アフィリエイト・プログラムとは、サイト上に設置された広告によってウェブサイト閲覧者が商品、あるいはサービスを購入したときに、成功報酬として広告媒体に広告料を支払うウェブ広告のマーケティング手法です。日本では成報酬型広告と呼ばれます。また短縮形で、アフィリ、アフィという呼ばれかたもされます。

広告主側にとっては、購入したときにのみ広告料が発生するので、費用対効果が明確であり無駄な広告料とならずに済みます。

アフィリエイト・プログラムを利用しているサイトは、企業と関係のない一般サイトです。ウェブ上の記事をまとめたり、役立つ情報を収集しているサイトなど、多くの人が集まるサイトがアフィリエイト・プログラムを利用していることがあります。利用している企業も多岐にわたりますが、サイト上で取引ができる、企業に限られています。

通販サイトはアフィリエイト・プログラムと相性が良く、広告を掲載するサイトが、おすすめする商品を選ぶことで、自分のサイトを読んでいる層に合う商品を、サイト主が自分自身でマーケティングしてもらうことができます。さまざまな商品を取り扱う通販サイトでアフィリエイト・プログラムを採用しているところは多く、有名どころではAmazonもAmazonアソシエイトとしてアソシエイト・プログラムを使っています。ちなみにアソシエイトもアフィリエイトと同じ意味です。

 

メリット

そのメリットは、まずは費用対効果について広告主が想定した通りの結果を得られるというのがあげられますが、また掲載サイト側にもメリットの多いものです。

掲載サイト側のメリットは、リスクの低さと利益率の高さがあげられます。多くのアフィリエイト・プログラムでは、商品の値段に応じて報酬が支払われます。普通の広告収入が、1クリック1円から20円というのに比べて、アフィリエイト・プログラムなら、商品価格の数パーセントとなっており、高価な家電などなら数千円の報酬も期待できます。販売代理契約を結んだ時のような、大きな報酬が見込めるのが利点です。

そして、販売代理契約と違い、掲載サイト側にはリスクはありません。在庫を抱えることも、取引したユーザーとトラブルに発展することもありません。ノーリスクで成果によっては高い報酬を得ることができるのが掲載サイト側のアフィリエイト・プログラムを採用するメリットです。

このメリットによって、アフィリエイト・プログラムは多くのサイトで導入されるほど、一般的なものになりました。

 

デメリット

デメリットは、広告と記事の境が曖昧になることです。広告について学んできたプロに任せるわけではないので、広告を行う者が守るべき広告倫理の問題が発生する可能性があります。体験談のような形で、アフィリエイト・プログラムでの購入を勧めるなど、ステルスマーケティングが発生しやすい手法です。

また、アフィリエイト・プログラムで利益を上げるために、検索順位を上げる中身の無いサイトが増えると、その検索ワード自体が嫌われるようになることもあります。アフィリエイト・プログラムを利用するためには、掲載サイト側に対する審査も重要な要素です。

 

治療院での活用は?

整骨院、接骨院、整体院では、二つの利用法が考えられます。

一つは、広告主側として利用すること。そのためには、ウェブ決済のシステムを設置する必要があります。これは簡単に追加でき、決済代行を取り扱う業者も多いですので、設置に専門的知識は必要ありません。アフィリエイト・プログラムは成功報酬型ですので、広告コストで経営がパンクするということはありません。費用対効果が明確なアフィリエイト・プログラムは、個人経営を行っている院にも相性の良い手法です。

もう一つは、自身の運営するホームページやブログにアフィリエイト・プログラムを導入することです。ここでは、健康グッズや、マッサージ器具など身体に良いものがいいでしょう。先生は専門家ですから、専門的知識をもってアフィリエイト・プログラムの商品を選ぶことができます。また患者様にも信頼していただける立場ですので、その点でもアフィリエイト・プログラムの相性が良いと言えます。

この手法を採用する上での注意点は、あくまで良い物を勧めるというスタンスを持つことです。日本には医は仁術という考え方が強く、先生への信頼もそういった思想の上に成り立っている患者様もいらっしゃいます。あまり儲けようという姿勢を見せると、冷めてしまう患者様もいらっしゃるようです。

患者様も、健康のための良いものが手に入ったというお互いに得をする、ウィンウィンの関係になるような紹介を心がけましょう。


TOP> > アフィリエイト・プログラム