2年に1度、熱い年が来る。キーワード出現頻度について | ミッシェル・グリーン

2年に1度、熱い年が来る。キーワード出現頻度について

カテゴリー:マーケティング
2015年11月19日

『キーワードの出現頻度』とは、読んで字のごとく、ホームページ内に同じキーワード(言葉)がどれくらいの数があるか。という意味です。

『市名』や『交通事故』で検索で上げたい時にホームページ本文中に何個テキスト文字として、狙っているキーワードが入っているかというものです。

 

調べ方

調べ方は、キーボードの『Ctrl(コントロール)』を押しながら『F』を押すと検索窓が出ます。そこに地名を入れて『Enter』を押す。そうすると地名に色がついて数が出ます。こちらがホームページ内のキーワードです。

ページ内にテキスト文字でどれくらいキーワードがあるか見てみましょう。検索で上げようと考えているのにあまり入っていないようでしたら、検索で上げることは難しいです。

 

キーワードの出現頻度を上げて、検索対策するには!?

○%(パーセント)をコントロールする。

検索で上げたいキーワードがあるとき、ホームページ本文中で決められた出現頻度の%に検索で上げたいキーワードを入れることです。出現頻度は、例えば「川崎 整骨院」で上げたいときは、『川崎』と『整骨院』を本文中に4~6%占めるということです。

キーワード出現頻度は、キーワードの出現回数(何回本文にそのキーワードがあるか。)ではなく、文章の総量から何回キーワードが出現して全体の何%(パーセント)を占めているかの比率で見られます。
 
まとめるとこのようにすると良いです。

・検索で上げたいキーワード 文章内で4~6%入れる。
・集客を狙いすぎて10%を超えないこと。
・それ以外のキーワードをなるべく強弱を付け、1%以下にする。
・「川崎」4~6%、「整骨院」4~6%

 

キーワード

交通事故のページは、『交通事故』『治療』

ムチ打ちのページは、『ムチ打ち』『治療』(なるべくムチ打ち、むちうち、むち打ちは統一した方が良い。)

 

書き方

%を気にしながら書くと大変なので書き方があります。

○実際に解析してみましょう。

検索で上げたいページを解析します。

キーワード解析(http://www.keyword-kaiseki.jp/)

URLを入れて、解析をするとどれくらいキーワードがあるかわかります。

・ブログ記事新着情報の「年」「月」「日」が意外に上位に来てしまう。

「治療」というキーワードが多いことが普通ですが、ブログ新着情報によっては、「年」「月」「日」が意外に上がってくることがあります。それは、ブログの新着情報で掲載されており、新着情報を10件表示すると「年」「月」「日」が10個ずつ入るからです。ブログ新着記事をトップページで掲載しすぎるとこのような現象が起こります。

・市名で市は入れた方がいいですか。入れない方がいいですか。

地域名は、「○○市」か「○○(市を除いて)」のどちらか地域の方が検索で多い方を今後入れた方が良いです。簡単には、地域の方が一番呼ぶ方です。
そして、これからすべてのページで地域名を書くときは、どちらか統一することです。今回は、『川崎』で決めた時は、すべて川崎で統一します。わからない場合は、患者様に聞いてみると良いです。

 

具体的な書き方について

%を気にすると大変なので3行に1キーワード。で入れていくと簡単です。先生が文章を作ると自然に『治療』という言葉はよく入ります。ただ、地域名である『一宮』は難しいです。

そこでたまに例としてこのような話題を入れると自然に地域名が本文中に入ります。

・地域名が入りやすい統計
・地域の人間性の特性(宮崎はお酒をよく飲む。一宮市ではなぜか交通事故が多い。)

上記のことを書きながら、キーワードを自然に織り交ぜる。

 

キーワード出現頻度を変えるページ順番

『トップページ→治療のページ→今後のブログ記事→過去のブログ記事』

トップページを先に変えます。検索で一番影響を受けやすいからです。
そのあと、各治療ページを変えます。(すべてのページからリンクされているので変更優先順位が高いとされているからです。)

次にこれから書くブログ記事で適用していきます。最後に過去記事は変えられればベストですが時間の関係もあると思いますので新規記事のみで大丈夫です。

 

今後の作成の方法

キーワード出現頻度を調整するとき、ただ出現頻度を変えるのではもったいありません。そこでせっかく文章を変えるのでしたら現在、記載されている文章より良くされた方が結果も上がりやすくなります。

サポートでは、一緒にお話をしながら、文章を考え、私が文章を打ちます。先生からの変更箇所を頂いて変更をしていきます。そのとき、私からいくつか質問させていただきますのでお答え頂いて、ご一緒に素晴らしい本文を制作致しましょう。

 

次回は、実践に入ります。

キーワードを入れながら、治療についてお伺いさせて頂いて、トップページだけ文章を変更していきます。地域名を入れて、中の文章クオリティを上げます。

その次のサポートで治療項目と他にいくつか集客方法がございますのでそちらを行っていきましょう。

TOP> > 2年に1度、熱い年が来る。キーワード出現頻度について