ホームページ編集の先にあるもの | ミッシェル・グリーン

ホームページ編集の先にあるもの

カテゴリー:マーケティング
2016年1月13日

最近は、ホームページ内容によって検索で上がるか、患者が集まるかが決まります。それは、どこまで『手を込めて作ることができるか。』ということです。非常に細かいところに至るまで作ることができれば、患者さんを集めることができ、Googleの検索エンジン対策にもなります。

そして、先生の思いを患者さんに伝えることで先生が治療をやりやすい環境が作れます。ただ、大切なのはホームページ制作だけではありません。その後の編集が重要な役目をなすことがあります。

 

ホームページ編集の必要性

常に先生の院は進化を続けます。それに合わせてホームページも編集し、進化させるとまた、来院患者さんが変わります。改善は、数字の上昇、安定を作ることができます。編集や更新はただ、新規患者を集めるためではなく、ホームページを使わなくても新規患者が来院する仕組みを整えるのです。

 

ホームページ集客せず、新規患者を集める。

ホームページから新規患者が増え、院の評判が良くなれば、口コミが起こり『口コミ→ホームページ→来院』に変わります。また評判が良くなれば、『大多数の口コミ→ホームページ→来院』となり、最後にはホームページが必要なくなります。そこまで新規患者を集めること仕組みができれば、口コミだけで何とかなります。

 

ホームページの最終は、人を集め、機能しなくなることです。

 

 

そこまでは、編集を頑張る。

道のりは、まだまだあります。『先生の考えを整理する』ことや『新しい施術に対する考え』を広く患者さんに理解していただくために今後もHP更新や編集でご活用頂けると幸いです。

 

TOP> > ホームページ編集の先にあるもの