治療の見せる技術!足のむくみ、顔のすっきりを言葉でなく写真で見せる。 | ミッシェル・グリーン

治療の見せる技術!足のむくみ、顔のすっきりを言葉でなく写真で見せる。

カテゴリー:マーケティング
2016年2月4日

・足のむくみが改善された。
・顔がすっきりした。
・肌にツヤが出た。
・身体のバランスが整った。
・治療前と後で身体が軽くなった。

現実で見たことがある先生は、ご自分がされた施術の結果がどれだけ素晴らしいかを容易に想像できるでしょう。ただ新規患者はそれを見たことがないので受けるまでわかりません。

先生はこう思うかもしれません。「さすがに顔がすっきりする。やむくみが取れるは日常だから想像できるだろう。」と。

ですが知っておくべきは、いつもすっきりしない人には、すっきりした顔が全く想像できず、先生の施術結果でむくみが改善されることがわかりません。

はたまた自分の顔はすでにすっきりしているものと勘違いまでしております。

その一事例を紹介しましょう。

 

自分は健康だと思っている。顔が疲れていることを知らない。

彼は、2年間ほぼ休みなしに働き続けました。そして、1月になり、やっと仕事も落ち着いたので2016/1/28-2/1までまとまった休みを取り旅行へ行きました。

 

そのすっきりした顔がこちらです。笑

 

・左から旅行到着日
・真ん中は、3日目
・右が最終日です。

 

こう見るとすっきりしているのがわかります。彼はこの写真を見て、過去の写真を一覧で見たときに旅行初日の疲れた顔と同じ顔をしていることに気づきました。それまで自分の顔が疲れているだなんて本人は全く気づいておりませんでした。

 

もちろん、仕事を毎日していることが原因とは。なぜかというと、それが当たり前になっているからです。

 

先生は、一日何十人、何百人と見られているのでその人の顔を見れば、体調を崩している、疲れている、症状を患っているとわかるかもしれませんが、本人は先生が思う以上に気づいていません。

 

プラスの効果とマイナスの効果を使い分ける。

見せる技術には、プラスである先生の施術結果を見せる方法もあれば、先生の施術を受ける前がどれだけ悪かったかを理解させるマイナスを理解させる効果もあります。

マイナスが多ければプラスになったとき、患者さんは先生が言ったことが本当だったと信じ、自費治療や定期治療を受けるようになります。逆に患者さんは自分がどれだけマイナスであっても、マイナスであることを理解していないと-100から-60になったとしても治療効果は、結果として-60しか見られないので効果を感じず、良い治療だと思わないこともあります。

 

治療結果、姿勢が良くなり、顔もすっきりしたというプラスも大切ですが、どれだけ疲れた顔をしているか。目の下にくまがあるか。姿勢が悪いかをほめ尽くさなければなりません。

先生の中で当たり前になっていて、患者さんが知るべき知らないことを共有してあげるのです。

 

施術前と施術後で顔色が激変

こちらが寺田整骨院 寺田 猛先生に施術を頂いてからの施術前と後です。
顔色が違います。

髪型が違うのは突っ込まないでくださいね。笑

体の老廃物が出た感じがします。

 

そして、こちらは大阪で美容鍼でも有名な先生に施術を受けさせて頂いた写真です。

 

この日、3日間、大阪出張で飲み会と訪問の連続でしたが施術あとは、目がはっきりしています。体の疲れもなかったのは驚きでした。

ちなみに女性の友人はこの写真をFacebookで見て、東京から大阪まで治療を受けに行きました。

 

治療院で見せられるのは姿勢だけではありません。

症状の改善で患者さんは来院されるので何より重要な目標です。
ただ治療の副産物として提供できるメリットがあると思います。

骨盤矯正で足のむくみ、腫れぼったい顔がすっきりする、姿勢が良くなる、綺麗になったと言われる。これらを文章で並べるのではなく、写真で理解させるのです。

施術時間が短くて効果が高いなら動画も良いでしょう。

先生に見えていて、患者さんに見えていない先生の治療の結果を見えるようにしましょう。


TOP> > 治療の見せる技術!足のむくみ、顔のすっきりを言葉でなく写真で見せる。