金生先生のNST研究会7期生の募集要項(プレセミナーあり) | ミッシェル・グリーン

金生先生のNST研究会7期生の募集要項(プレセミナーあり)

カテゴリー:マーケティング
2016年3月30日

 

 

クラニアルテクニック、内臓テクニックは、素晴らしいで施術です。私の体感を記載致します。

 

この3つに困っていたらおすすめです。

患者さんの症状でどこが悪いかわからない。その症状の原因をつきとめられない。

身体の痛みと関係なく、本当はどこに問題があり症状が出ているのか。つきとめるインジケーターがあります。
インジケーターとは、身体のどこに症状が現れているのか知るための指針です。

 

身体のどこを触れると症状が改善する反応が出るかを教われる。

絵で身体に番号をふり、どこを触れると症状が改善する反応が出る部分であるかを知ることができます。他にも一般の治療家に知られていてやってはいけないこと、症状改善を妨げる行為についても説明があります。

 

指導者が一流の治療技術を持っている。

有名治療家までもが勉強されている施術を学ぶことができます。それは、指導者が一流だからです。

 

 

私が体感したクラニアル・内蔵テクニックについて

・頭や足の重さの変化を体感できる。
・頭が小さくなったことを感じる。(脳脊髄液が頭に貯まると重く感じ、それを身体に流してあげると頭が小さくなったように実感できます。)
・すーっと眠りに落ちてしまう。
・施術中に症状が改善していることを感じる。
・マッサージと違った気持ちよさがある。
・癒やされる。
・すっきりする。
・精神統一をしているような気分になる。

 

他の治療家と圧倒的に違うこと。

今まで改善することができなかった患者さんに悩まれていらっしゃった先生も改善させることができたとお話しておりました。原因がわかるから患者さんを知り、彼らにメッセージが響きます。

そのメッセージは、症状を見て、患者さんが日頃、何をしているのかわかるから先生の言葉の重さを感じ、メッセージが届くのだと思います。それが患者さんにとって心のケアになります。

 

セミナー

プレセミナーで内容を見に行かれてはいかがでしょうか。

 

プレセミナー 大阪会場

http://www.mamasupport.jp/wp-content/uploads/2016/03/sevenstep1.pdf

 

 

プレセミナー 東京会場

http://www.mamasupport.jp/wp-content/uploads/2016/03/pretokyo.pdf

 

 

 

金生先生のNST研究会7期生の募集要項(プレセミナーあり)

http://www.mamasupport.jp/wp-content/uploads/2016/03/kenkyukai.pdf

 


TOP> > 金生先生のNST研究会7期生の募集要項(プレセミナーあり)