誰にでもできることを誰もできないレベルでやる。 | ミッシェル・グリーン

誰にでもできることを誰もできないレベルでやる。

カテゴリー:マーケティング
2016年4月12日

実践しても成果を上げられない先生へ。『成果を上げる先生は、これが違う!』何が違うのかを解説させていただきます。

 

エキテンコメント数が半端ではない。800コメント以上

エキテン接骨院カテゴリー全国トップは、東京の治療院です。
400コメントで全国的に見ると800コメントを超える治療院もあります。

町内であれば、50コメント前後で1位、市内は200前後まで
上がっておりますが、日々増やし続けた治療院の大成果です。

 

患者様の声(200枚+毎月追加継続掲載)

いわき整骨院様
http://iwakiseikotsuin.com/

 

患者様の声が200枚を超え
なお、継続的に毎月継続掲載されております。

 

患者様写真50枚以上+推薦写真

かないわ鍼灸整骨院様
http://www.kanaiwa-seikotsuin.com/

 

患者様のホームページ掲載可能写真は、50枚以上あります。それだけで患者様からの信頼を感じます。

 

推薦ページ
http://www.kanaiwa-seikotsuin.com/%E6%8E%A8%E8%96%A6/

推薦は、12名からいただいております。医師、接骨院、元ソフトバンクホークスのような元プロスポーツ選手、コーチといった権威ある方々からいただいております。

 

莫大な症例実績数

ままサポのポータルサイトでは、症例実績が掲載されております。
http://www.mamasupport.jp/case/

 

その症例数と改善率の高さ。
圧倒されます。これだけの症例実績は、素晴らしい技術がないとできません。

 

動画再生数40,000超え

加藤整体院・接骨院様
http://katouseikotsuin.com/

 

動画の再生数は、40,000再生を超え、海外からも「動画を転載させてほしい。」とオファーがあるほど。
地域でも動画掲載数が多い方です。

それは、先生がされている治療をすべて動画で解説と施術の動画を撮影したからです。

 

忘れられないスタッフ様の個性

ゆたかバランス整骨院様
http://yutaka-seikotu.com/

 

一度、見ると忘れられなくなるスタッフ様のスポーツ個性が他の院との違いを感じます。

個性は、発見すること、それを表すことができない人が多いので目立つことができます。

 

ビフォアー・アフターの変化

Ombrage様
http://www.ombrage-biyoseitai.com/

 

ビフォアーアフターの変化率が高く、美容を受けたくなるメリットが強くあります。

 

半端ではない編集

やす整骨院/整体院様
http://www.yasuseitai.com/

 

手ごころ整体院様
http://www.tegokoro-seitai.com/

 

当初、制作のホームページから管理されている先生は編集に編集を加えられ。まだ改良され続けております。
その編集精度の高さ、以前とは違うホームページであるほどに変わられた姿は、アップグレードされ、洗練されているように感じます。

 

成果を上げる先生は・・・

以上のようにエキテンコメント数や患者様の写真数でような思いが湧くことはないでしょうか。
・200件は集まらない。
・800コメントは、無理!
・患者様の写真は撮らせてくれないから。

成果を上げられる先生は、それらの悩みを思い、乗り越えた方々です。

だから彼らは、結果を上げ続けるのです。

 

私が言いたいことはこちらです。

 

誰でもできることを誰もできないレベルでやっている治療院の紹介

なかなか成果が上がらないという先生は、色々なことに手を出して、どれも中途半端であることが多いです。どれも完了していないということです。そのときは、何かに着目し、特化し、成果を上げるまで続けられてみてはいかがでしょうか。

それを最後までブレずに実践し続けた先生が成果を上げます。

 

ただ、ほとんどの先生はそれをやっている途中でこのように言います。

このような素晴らしい成果を上げ、実践されている先生を見て、「私もやってみます。」と言う先生のほとんどは数ヶ月後、このように言います。

・考えたんですけど、もっと良い方法を思いつきました。
・方針が変わりました。
・続けても成果にならないと思うんですよね。

ポイントは、あたかもまっとうそうな言い訳を思いつき、より簡単そうな新しいことを始めるということです。
今まで作り上げたものを捨て、一からやり直します。

 

そのような思いがよぎってしまった時は、目標数を決めて、『そこまでを止めない。』として最後まで完了させましょう!


TOP> > 誰にでもできることを誰もできないレベルでやる。