実は簡単だったPPC集客で日々のやること|入札単価修正のFirst Page Bid | ミッシェル・グリーン

実は簡単だったPPC集客で日々のやること|入札単価修正のFirst Page Bid

カテゴリー:マーケティング
2016年6月23日

患者さんにホームページを見てもらう機会を増やすためにPPC広告でアクセスを集めますが、意外に毎日の管理は、簡単でたった2つのことをやるだけで集客が上手くいきました。

その日々の管理は、2つあります。
1つ目は、入札単価を毎日修正すること。
2つ目は、広告タイトルの修正です。

今回は、1つ目の料金単価の修正について、記載致します。
これだけでもある程度、良い成果になりました。

 

First Page BidとFirst Position Bid

First Page Bidが検索エンジンで検索したときの1ページ目に表示させるための入札単価です。
First Position Bidが1ページ目、一番上に表示するための入札単価です。

1番上は、料金がかかることや、最近は一番上のPPC広告だけでなく、他のページも見るので1ページ目に表示されるだけで良いという先生には、『First Page Bid』が良いでしょう。

ガンガン広告をかけて、地域1番になる!という先生には『Position Bid』が良いでしょう。

最低でもPPCをするなら『First Page Bid』以上の値段にするか、一回設定して放置したい先生は、『Position Bid』の高めで設定して1ページ目に常に表示させることもできます。

 

First Position Bid がわからない方へ

入札単価は、例えば、『肩こり 治療 川崎市』で1番上に表示している院が200円だとしたとき、PPCの管理画面で『First Page Bid見積もり』という欄から200円で出していることがわかります。

やることは、簡単で『First Page Bid見積もり』に記載されている料金より1円高く入札するだけです。
それで1番上に表示される機会を増やし表示回数、クリック回数の可能性を上げます。

 

PPCで入札単価設定をしないと。

PPCで初期設定でやった場合は、一律108円などのように設定されやすいです。
例えば、何百とキーワードを設定した時、あまり見られないキーワードは、50円だったり、それより安い金額もあります。

それでも108円で一律入札されるので、今回の入札単価修正によって、費用を抑えることもできます。
なぜならときに18円で出せるからです。

 

やり方

表示

初期設定では、First Page Bid が表示されていないので表示させます。

『広告グループ』→『キーワード』→『表示項目』→『表示項目変更』→『First Page Bid の見積もり』『ページ上部表示の推定入札単価』『First Position Bid の見積もり』をチェック』→適用

 

修正

First Page Bid に合わせて、入札単価を修正し、完了です。

 

すべてのキーワードの入札単価を修正

これが労働として大きいです。
First Page Bid の修正をすべてのキーワードで行います。

設定は以上です。

 

各設定を変えて、最適な単価で最適なキーワードに広告を出して、最小限の広告費用で良い成果を作りましょう。


TOP> > 実は簡単だったPPC集客で日々のやること|入札単価修正のFirst Page Bid