成果が上がり集客活動をやめてしまう|新規はもういりません。 | ミッシェル・グリーン

成果が上がり集客活動をやめてしまう|新規はもういりません。

カテゴリー:マーケティング
2016年6月26日

最初にホームページを完成させるという壁があります。
ホームページ完成後は、集客活動で1人目を集めるためにサイト登録やPPC、ブログ、エキテンなど対策の壁があります。
集客数が増えて、15名、20名など先生がホームページを制作するときに集めたいと思っていた人数に達したとき、ここに大きな壁があります。

 

ブログを毎日書き、15人の新規患者が集まり、ブログ更新を停止した。

患者さんが毎月新規で40,50名が集まり、もう新患がいっぱいなのでPPCをストップした。

エキテンでランキング1位になり、新規が10名増え、口コミを増やす活動をやめた。

 

いずれかの理由で先生は、継続的に行っていた集客活動を目標達成とともにやめてしまう傾向にあります。
その理由は、「もう新規を集める必要がなくなったから。」です。

 

新規集客を辞めた先生のその後

最初は、新規集客活動がなくなったので楽になります。
今までその業務は時間を取り、大変だったからです。

来院される患者さんに集中できます。

ですが、数ヶ月(3ヶ月から6ヶ月)で新規数が減り始めます。
でもまだ大丈夫です。少し余裕ができただけで来院患者さんはまだいます。

半年を過ぎて、新規集客をしなければならなくなります。
すぐに前やっていたことをやりはじめてもすぐには成果にならず、以前、成果になったときに継続してやっていた期間と同じくらいをもう一度、やり直すことになりました。

 

集客数が下がり、上げることが大変

「新規は、もう大丈夫です。」となると新規集客活動をやめますがそこに大きな落とし穴があり、新規集客活動をやめた先生が再度、同じだけ成果になるまで、長いと今まで構築した時間分をもう一度、やり直さないといけなくなることがあります。

 

新規患者さんがいっぱいになったらこれから集める。

新規患者で予約が取れなくなったとき、2ヶ月、3ヶ月先まで埋めましょう。
そのときの注意点は、既存患者さんが取る時間は残すことです。

最終、1年分埋まれば1年間の売上が確定します。

 

でも、1ヶ月埋まると集客活動をやめ、1ヶ月分で満足してしまう。

スケジューリングです。
先生のスケジューリング能力が1ヶ月から3ヶ月、半年と視野が広がると1年分で予定を作ることができるようになります。

 

そして、新規患者さんを集めるのはこれから。

新規でいっぱいになってから新規患者さんを集める行動をやめてはいけません。
活動は続けなければなりません。

止めてしまうと再度、成果を復帰することが容易ではないからです。

新規でいっぱいになったとき、どこに問題があるかというと。

 

事業拡大のチャンス

新規患者が多い時は、新規を減らすという方法ではなく、スタッフ人数を増やしたり、単価を上げたり、施術時間を減らしたりなど、治療院の事業拡大や収益を上げることに活動をします。

 

成果が上がったら、新しい目標を持つ。

ここに尽きます。
成果が上がり、満足したときに衰退が始まるので、新しい目標と事業拡大により、成果を上げていきましょう。

 

そのために今までやっていた集客活動はやり続ける。

ブログを毎日書いていたなら毎日書き、PPCをやっていたなら月間料金を落としたり止めることなく続け、エキテンコメントも毎月のノルマを達成し続けることです。

それでも続けた治療院だけが、現在の先生が抱えている限界を超え、次のステップに行きます。

TOP> > 成果が上がり集客活動をやめてしまう|新規はもういりません。