決定要因 症状改善を見せる線グラフ | ミッシェル・グリーン

決定要因 症状改善を見せる線グラフ

カテゴリー:マーケティング
2016年7月6日

症状改善のように人の感覚的なことを数字で見せることができれば、数字はグラフによって、よりリアル感を作ることができます。

いつ症状が改善されるかを線グラフで提示することによって、改善への理解を深めることができます。

 

 参考 改善グラフ

 

線グラフは、なるべくシンプルが良いです。横軸が症状改善期間の目安です。

縦軸が症状がある状態、普通の状態、再発しづらい体になっている状態です。

 

症状が出るラインを明記します。グラフで治療をしなかったとき、もしくは治療期間を空いたときに症状が出るということがわかりやすいように提示致します。

 神子整体院様でご利用させていただいているグラフでございますが、こちらによって症状改善後も施術を受けることで身体にとって、良いことを理解できます。

 

患者さんからが最も疑問に思っている改善期間、症状を感じなくなる期間の理解が深まり、質問を減らすことができます。

導入されていらっしゃらない先生は、ご参考くださいませ。


TOP> > 決定要因 症状改善を見せる線グラフ