なぜ600文字のブログ記事を毎日書いていて検索で上がらないのか? | ミッシェル・グリーン

なぜ600文字のブログ記事を毎日書いていて検索で上がらないのか?

カテゴリー:マーケティング
2016年9月25日

ブログを毎日600文字で書かれている先生も多いでしょう。でも、ブログを600文字で毎日書いても検索で上がらない理由についてお話致します。

 

みんなが600文字を意識して書いているから。

600文字というのは、現実的に誰もが書こうと思えば書けます。
それは、誰でもできるレベルなのです。

 

誰でも書けるレベルだから上がらない。

パソコンが得意でない先生でも1時間程あれば、600文字のブログ記事というのは書けてしまうでしょう。
パソコンが得意な人であれば、10分あれば600文字を超える文章を作ることは容易です。

600文字で書くということは、そんなに難しいことではありません。
誰でもできることをみんながやっているので文字数に大差がなく、他の院との違いがわからなくなっているのです。

 

他院との違いは、5000文字を超える文字数

1ページに600文字なら誰でもできるでしょう。
それなら5千文字、1万文字を超える文章を作っていたとしたらどうでしょう。

ある先生は、言うでしょう。
「そんなに作れない。」「そんなに書くことがない。」

なかなか作れないから価値があり、それを作っている先生に魅力を感じます。『すごい!!』と。

 

他院との違いは、作り込まれた内容

ただただ、600文字の記事を淡々と毎日書いているものと、参考にインターネットで検索し、参考書を1冊、2冊、ときには10冊、30冊と読み、書いている内容なら誰も届かないレベルで内容を作成することができるでしょう。

他の院で解説していないような症状について深い説明をしている先生ほど、安心してお願いしたくなる先生ではないでしょうか。

 

それが他院との違いになる。

知識の違いが他院との違いになり、公開していることで実証できます。
公開しなければ、患者さんには何も伝わりません。

そして、中途半端な内容を作れば、作るほど、中途半端な院だと思われます。
患者さんは、先生が発した一言よりも実際に行動していることを見ています。

 

600文字は誰でも作れて5000文字はなかなか作れないから上がる。

検索で600文字で文章をいくら作っても検索で上がらないのは、みんなが作っているレベルで作り、すでにそのレベルのものは一般に公開されているのでわざわざ、後から出した先生の情報を上に上げる必要がないからです。

600文字前後の記事がその地域で1000記事あるとします。その中で5000文字で書かれている記事があり、地域でみんなに読まれているとしたら、それを上げない理由はありません。

これで1日600文字でブログを書き続けても集客できない理由です。


TOP> > なぜ600文字のブログ記事を毎日書いていて検索で上がらないのか?