Facebookシェアの集め方 | ミッシェル・グリーン

Facebookシェアの集め方

カテゴリー:マーケティング
2016年9月7日

シェアを作る方法は、「その内容に感動して、シェアされる。」か「友人に頼んでシェアしてもらう。」かです。

 

頼むと意外にシェアしてもらえます。

この前、ある先生がシェアを頼んできました。私は、OKしました。
電話や会って言われると「この人の頼むなら、シェアの1回くらいいいか。」となります。

その方は、そうとう頼んだと思いますが50シェアくらいになってましたね。

純粋に頼めば良いだけです。

 

思いを伝える。

「なぜ、シェアしてほしいのか。」は伝えましょう。
先生の熱い思いがあると思います。それを伝えて、断る人はなかなかいません。

 

内容勝負!でシェアしてもらう。

人に頼むことなく、シェアされる情報を提供し、人々がシェアしたくなる情報を渡す方法です。

 

怒りにアクセス

今まで知られていなかった、症状に対する原因でそれは人々が無意識に行い、間違いである事実を指摘した勇気ある情報にシェアが起こりやすいです。

先生が「言って良いだろうか?でも、周りの目が気になる。」と言わないことがありますね。「悪く思われたらいや。」「嫌われそう。」「批判的なコメントが来そう。」それがシェアされやすい情報です。

 

感動

その人の心を動かすことができるとシェアが起こります。

感動系は、対象としている人特有に大切にしていることがあります。

そこにポイントを絞ります。

 

想像を超えたレベル

治療であれば、指一本でつんとしたら、どんな症状も改善される。

砂漠に木を植えたら森ができた。

見ているひとの想像を超えたビフォアフター

 

一般の人の想像を超えたレベルの成果にはシェアがとてもされます。

 

シェアされるポイント

ポイントは、良い情報を提供するからシェアが起こるのではなく、シェアされやすいコンテンツを作るからシェアされます。

 

良い情報は出してはいけない。

良い情報は、隠したくなるのでシェアされません。

TOP> > Facebookシェアの集め方