上手くいった集客を上手くいかせ続けるには。 | ミッシェル・グリーン

上手くいった集客を上手くいかせ続けるには。

カテゴリー:マーケティング
2016年9月11日

集客が上手くいった時に上手くいかなくなったり、それを継続することができないことは少なくありません。

なぜ、上手くいっていた集客が上手くいかなくなるかというと、上手くいく行動を止めたからですが、それは、以前にお話しさせていただいた「ホームページ集客で上手くいった時にやること|数字の持続・分析」の行動をやめるからです。
http://www.michell-green.com/marketing/2016/09/do-at-the-time-which-passed-well/

 

このことからわかることは、「集客をこれから増やす。」という能力と「継続させる」能力は全く別の能力だということです。

これからお話しするのは、上手くいった集客数を継続させるには、どうしたらよいかについてです。

 

最重要なことは、やめないこと。

これが最も難しいですが、「今までやっていた行動を変えないこと。」です。
それは、今までやっていたことをやめないことです。

・集客が上手くいき、予約が埋まると集客活動を止めてよいと判断しやめる。
・新規が多く、対応できなかったり、電話対応があるので集客活動をやめる。
・集客活動は、時間を取られ、院内が忙しいので今までやっていた集客活動をやめる。

理由は、多くあります。

上手くいった時に一番、最初にやることは「今までやっていた時間を取られ、面倒なことをやめる。」ことなのでそれをやめないことが最初のミッションです。

 

楽な集客の誘惑

今、やっている集客が何だかんだで時間を取られ、面倒なので「楽な集客方法がないだろうか。」と探し、実践します。ここまでは良いことですが、実践中、成果が上がらないときに前にやっていた集客活動をやめることです。

なぜなら、院内は忙しく、以前の集客活動に時間を使っていては新しい活動はできず、集客が上手くいっているからです。

新しい楽な集客方法は、魅力できです。
ですが、新しい方法での集客が上手くいくまでは、今までやっていたことをやめてはいけません。

 

おすすめは、最低3つの上手くいった集客が見つかってから。

3つの方法で上手くいってから、最も大変なことをやめることができます。
それまでは、継続し、集客方法を増やすことです。

 

最も多いのは、この2つです。

・集客活動をやめる。
・楽な集客活動をし、今までやっていたことをやめる。

 

ここまでお話しするのは、集客の活動をやめてしまうと、いざ、新規患者さんを集客したいとなったときにすぐに集められないからです。
予約がいっぱいでも、新規が入れなくても、電話で時間を取られたとしても院を発展させるなら集客活動は継続させることです。

やめた瞬間に衰退は始まり、いつか集客に困る日が来るかもしれません。

TOP> > 上手くいった集客を上手くいかせ続けるには。