検索エンジン最適化は、患者さんに最適な情報を与えること。 | ミッシェル・グリーン

検索エンジン最適化は、患者さんに最適な情報を与えること。

カテゴリー:マーケティング
2016年10月7日

検索で上位表示する最短な方法は、キーワードに合わせた最適な情報を提供すること。
その過程で検索は、まだまだ有効なツールです。

 

SEOは、他人に頼むことなくできる認知度を上げる最適なツール

まだまだ検索エンジンを利用した認知度アップは欠かせない状態にあります。
検索している人は多いですし、紹介している成功事例をご覧にいただくとわかりますが引き続き、成果は上がっております。

 

ただ、現実は逆に検索ランキングは下がって困っている。

このような問題を抱える先生も多いのではないでしょうか。
・検索の上げ方がわからず、順位が下がってしまった
・アクセスや来院数が減って困っている。
・アクセスが増えても来院数が増えない。
・難しいので検索からの集客は諦めている。

Googleの検索ランキングを見てみると1ページ目は、10件しか表示されません。
1位は、多くの集客を得ます。

少なくても10位以内に入らなければ、良い成果を得られないことが多いです。
そうすると検索で上がる院が少なくて、集客できる院が少ないのでは?

 

ただ、キーワードは無数にあります。

「肩こり 川崎」「腰痛 治療 川崎」のように無数のキーワードの組み合わせによって、凄まじい数のキーワードが作られます。
キーワード数が多いということは、最も重要なことは?

 

キーワード選定

集客できるキーワードを見つけて、上げられれば患者さんは集まります。
集客できるキーワードとは、単純に「肩こり 地名」などです。
そのキーワードに合わせた内容を作成します。

 

内容重視であり、機械への対策をしないこと。

SEOで忘れてはいけないのは、人にとって良いコンテンツを作ることであり、機械を対策としたことをしないことです。
例えば、キーワードの間にスペースを空ける。キーワードをたくさん入れる。外部リンクをたくさん購入して貼る。

これらは、人に読みやすくするために作られたノウハウではなく、機械を騙して作られたノウハウなので時間が経てば、検索で落ち不安定さを感じます。

なぜ、不安定を感じるかというと、本当の対策を知らないからです。
結果として、また機械をごまかす対策をして、検索で上げようとします。

人も同じですがごまかしが通じるのは、一時で長くは続きません。
この方法を採用しているSEO業者はこのように言います。

「SEOは、不安定で上がったり、下がったりします。1位が取れてもまた来月には落ちるかもしれません。」という感じです。

我々が本当にやらなければならないことは、いかに人に良い内容を届けられるかです。
小手先の対策ではありません。

TOP> > 検索エンジン最適化は、患者さんに最適な情報を与えること。