構成に情報を追加する情報調達 | ミッシェル・グリーン

構成に情報を追加する情報調達

カテゴリー:マーケティング
2016年11月10日

構成が一通り完成したところは、先生が持っている情報を伝えている段階です。それを超えたレベルにするときは、新しい情報を入れる必要があります。

そのときにやることは、勉強です。

参考となる資料を一覧でご紹介致します。

 

動画(Youtube)

最近は、クオリティの高い情報をいくらでも無料で出しているので探せば、一通りの情報が手に入ります。

Youtubeは、その中でも投稿数も多く検索機能が優れているのでほしい情報が見つかりやすいです。文字より、動画は見てわかるので理解しやすいです。

情報収集では、優れております。

 

インターネット検索

動画と並ぶかそれ以上に無料で情報を得られます。検索では、質の高いページが上位表示しているので容易に参考となるページが手に入ります。

 

書籍

安定の書籍です。探している情報が一括で手に入ります。唯一、大変なことは難しい本に出会ったときにまとめることが大変なくらいです。

 

雑誌

その時代に合わせた内容を出してくれているので、巷で反応が取りやすいこと、流行っていることがわかります。

 

セミナー

当たりのセミナーに行けば、情報がまとまっており、講師に聞けば必要な情報が手に入るので最も容易にほしい情報が手に入ります。

 

知人の体験談

これ以上に正確な情報を得ることはないのではないでしょうか。体験談は、信憑性さもあり、生々しさもあり、人々を引き寄せます。

 

ヤフー知恵袋

「患者さんが何に困っているかわからない。」何を書いたら良いかを患者さんに聞くこともできますが、Yahoo知恵袋から見ることができます。

 

共通していること。

この中の情報で共通していることは、どこから情報を得るにしても業界No.1から得ることです。

検索で調べたなら、色々なページを見て、一番良いと思ったものから。

動画なら、その業界で最も権威あり、信頼されている人から。

書籍もセミナーも同じです。

情報を得るときに間違ったところから情報を得ないために、その業界No.1から得ることを徹底してください。


TOP> > 構成に情報を追加する情報調達