エキテンでコメント合戦に参戦すべきでない地域 | ミッシェル・グリーン

エキテンでコメント合戦に参戦すべきでない地域

カテゴリー:マーケティング
2016年12月25日

エキテン集客が事前にできる地域とそうでない地域かを知ることができます。それは、アクセス数です。

 

どこの地域なら参戦すべきか。

市で1位になっても300アクセスしか集まらなければ、1ヶ月1名来院するかどうかです。
市で1位になれば、他の院が月間新規20名以上集まっている話を聞いて、市の1位が70コメントだったので頑張って、75コメントまで増やし、1位になっても300アクセスしか集まらず、来院が月1人あるかないかでは、労力と合わずにショックな結果になります。

「エキテンから月間20人以上、集まっていると聞いて、コメントで1位になったけど、集まらなかった。」という話はお伺いすることがあります。

 

エキテンコメント合戦に参加すべきでない地域

もし、これからエキテンコメント合戦に参加しようとしているならこれをチェックすべきです。
それは、町、区、市で1位の院が何アクセスあるかです。

約来院は、1/200と見た方が良いでしょう。

例えば、1,200アクセスなら月間6名、4,000アクセスなら20名と見ておいた方が良いでしょう。
それが市で1位は、800アクセス集まってるとします。ただ、コメント数が400だとします。

それでも市で1位になるだけ、来院が見込めるのであれば、やるべきですし、そうでないならやるべきではないでしょう。
この場合、400名の方にコメントを患者さんに頼み、4名の来院が見込めます。

 

エキテンで集客できている共通点

人口が多い(市で人口が多い地域は、アクセスが多く1位になったとき来院が多いです。)
コメント合戦になっている(コメント合戦で地域の院が競り合っている。1位を譲らない院があるなら1位にはとても良い報酬があることがわかります。)
そして、各院のアクセス数が高い(アクセスが2,000、5,000あれば、1位を300,500コメントでも取りに行ってもマイナスになる可能性は少ないです。)
ちなみにアクセスが高いとは、少なくても800アクセス以上です。

もともとエキテンを利用する人口が少ない地域は、スタートが厳しいでしょう。
しっかりと、地域のエキテン状況を確認してからスタートしましょう。


TOP> > エキテンでコメント合戦に参戦すべきでない地域