ホームページ文章は、大阪弁(方言)と標準語のどちらが良い? | ミッシェル・グリーン

ホームページ文章は、大阪弁(方言)と標準語のどちらが良い?

カテゴリー:マーケティング
2017年2月14日

地域特有の方言があるのに、ホームページで文章を作ると標準語に変わることは少なくありません。
大阪も京都の先生も文章の作成をいただくと、標準語になってお渡しいただきます。

ブログを見てみると。
ときどき、方言で書かれている先生もいらっしゃいます。

このどちらが良いのか?について記載させていただきます。

 

方言と標準語

ホームページの文章を読む人は、その地域の人達です。
全国から来る場合もあるでしょうが、ほとんどの場合は、特定の地域の患者さんを集められるでしょう。

そのとき、先生の地域で方言があるとしたら、標準語と方言でどちらの方が患者さんに理解を与えることができるかです。

わかりやすく例えると、歯医者さんのホームページを見たとき、方言と標準語のどちらの方が理解をうみやすいでしょうか。

先生にお伺いさせていただいたところ、方言の方が理解しやすいといただきました。

いつも使い慣れている方言の方が理解をうみやすいことがわかります。
そして、他のホームページで標準語で話している中で方言で書かれていると親近感が湧きます。

症例について、わかりづらいときもそうですし、ブログのように親近感を作るツールのときにも役立ちます。

方言にすることで来院のギャップをなくすことができます。

 

方言によって

業者が作っている感じがまたなくなります。伝わりづらい文章だったとしても方言で書かれていると先生が書いてくれているのではないかということが伝わります。

方言の度合いはどうしたら良いかという質問もございますが、それは、自然に出るレベルが良いですね。

 

方言か標準語か?

多くのホームページでは、標準語化されております。
逆を進む戦略を取るミッシェル・グリーンでは、方言をおすすめ致します。

ただ、業者が関東だと標準語意外の修正が難しいこともあります。


TOP> > ホームページ文章は、大阪弁(方言)と標準語のどちらが良い?