強調する文字には装飾を。 | ミッシェル・グリーン

強調する文字には装飾を。

カテゴリー:マーケティング
2017年4月19日

文章を読ませる方法は2つ、文字の大きさを変えるか、色を装飾して目立たせるか。

究極的な提案をするとしたら「文字大きさを変えずに色も変えないで内容で引きつければいいじゃん。」と思われますが、そこまで読み込ませる文章を作るのは一朝一夕でできるようになるものではありません。

そうなると、ところどころ、装飾によって強調し、惹きつける方法をとります。

 

目立たせたい文章には、色付け!

キャッチコピー、見出しに色を付けると黒文字だけが並ぶより見られやすくなります。

 

文章量が多く、黒文字ばかりだとどこに目をやったらいいかわからなくなります。
そのときに色があり、文字大きさが大きいと、とりあえず、そこに目が向きます。

気になれば、そのまま読まれます。

 

2色を利用

一般的に黄色と赤が目立つとされております。
黄色と赤は信号の色だから。目を引く色だから。

色々なことが言われております。

おすすめのカラーは、黄色背景に赤文字、これは一般的に目立ち、良いとされておりますが、ホームページのカラーを考えるとホームページのメインカラー、サブカラーの2色が良いです。

例えば、クローバー整骨院様であれば、緑とオレンジですね。

 

クローバー整骨院様
http://www.cloverbone.com/%E9%A1%8E%E9%96%A2%E7%AF%80%E7%97%87/

 

2色の選定方法は、ホームページのメインカラーとサブカラーで、その色の良いところは、赤と黄色のように異様な色にならず、自然に目立たせることができるということです。

 

・2色を利用して目立たせる文章を装飾
・2色は、ホームページのメインカラーとサブカラー


TOP> > 強調する文字には装飾を。