来院のために的確なホームページを制作 | ミッシェル・グリーン

来院のために的確なホームページを制作

カテゴリー:マーケティング
2017年4月22日

最新トレンドをまとめました。

 

文章

文章量は短く。

 

長文より短文を
http://www.michell-green.com/marketing/2017/03/short-sentence-more-than/

 

横幅の文字数は少なく。
スマホを座り椅子に置いて文字が見える。
フォントでいくつか。

PC  :見出し16文字以内・本文30文字以内
スマホ:見出し10文字以内・本文18文字

 

 

文章縦行数
http://www.michell-green.com/marketing/2017/04/short-sentence-3/

 

文章は、4行以上続けない。

縦文章量は3行まで。
PCとスマホの文字量が違う。
PCのとき、30文字なら90文字以内
スマホ18文字なら54文字以内
レスポンシブなら54文字以内で作成
なるべく改行して1行のスペースを空ける。
意図は苦痛を与えないこと。

 

 

文字は大きさを変え構成する。
http://www.michell-green.com/marketing/2017/04/mozi-ookisa/

 

文字大きさの変更
見出しで惹きつける。
3、4行のサブキャッチコピーで内容の理解を作る。
読み込む方へ本文をしっかり作成
本文がわからなかった方のためにまとめで解説

 

 

強調する文字には装飾を。
http://www.michell-green.com/marketing/2017/04/kyocho-soshoku/

 

目立たせたい文章には、色を付けて文字大きさを大きく。

2色を利用して目立たせる文章を装飾
2色は、ホームページのメインカラーとサブカラー

 

 

写真

読みというより見る!

 

キャッチコピーに合わせた写真
http://www.michell-green.com/marketing/2017/04/kyachi-irasuto/

キャッチコピーに合うイラスト掲載で楽に読ませてあげる。

 

イラストで書いていることを理解させる。
読み飛ばす中で一旦止まりキャッチコピーに目を向けさせる。

 

 

SEO

文章が短くても上位表示

 

短くするとSEOは大丈夫?
http://www.michell-green.com/marketing/2017/04/short-sentence-seo/

滞在時間が多い、スクロール時間、お問い合わせが多い。
高速スクロールされたら、結局見られない。
滞在時間を見られているので高速スクロールされればなくなる。
見られるものが時代が変わっている。

 

 

考え方

 

対策は、高速スクロールと右上のバツボタン
http://www.michell-green.com/marketing/2017/04/kousoku-sukuro-ru/

 

ホームページ対策は高速スクロールと右上のバツボタン

高速スクロールで見れなくなる。
右上のバツボタンで消える
この2つにならないようにする。

読むというより見る。
読み込んでいくのは難しい。


TOP> > 来院のために的確なホームページを制作