特定の地域名から集まる。それが集客の鍵 | ミッシェル・グリーン

特定の地域名から集まる。それが集客の鍵

カテゴリー:マーケティング
2017年6月4日

・ホームページから集まる患者
・オフラインのインターネットを利用しない箇所から集まる患者。

患者さんが集まるパターンには色々な通りがあります。

これは、事例としていくつかあげます。

 

ホームページの集客が上手くいったとき。地域を調べました。それによってわかったことは。

 

・ホームページから集まる地域があることがわかりました。
その地域名で上位表示すれば、するほど患者さんの来院は増えました。
それは住宅街でした。ビジネス街ではなかったこと。

 

・チラシで反応がない町でホームページから反応が取れました。
そのとき、社会的階級の高い人が集まりやすかったです。

 

・特定したホームページから集まる地域を特定。他の地域を狙う。
ホームページから集まる地域の特徴があります。
年齢層、特定される家の種類、家族構成、町の雰囲気、これらをリスト化します。
そうすると近所でもまた同じような地域があることがわかります。
そこにアプローチを入れると、またその地域からの患者さんが増えやすくなります。

 

・逆に成果になりづらい地域も存在します。
成果になりづらい地域もまた、リスト化します。
その地域に手を出さないようにできます。

 

・リピート率の低い地域も同じ。
例えば、来院にバスを使い交通手段が悪い地域、院に行くまでに10件の整骨院や整体院を通り過ぎ、そこになびいてしまう。
地域で場が悪いことがあります。

 

このように新規の集まる地域、集まらない地域、集まってもリピートが良い地域、悪い地域、リストアップしていくとどんどん精度が上がります。


TOP> > 特定の地域名から集まる。それが集客の鍵