長いURLで怪しさとスパムの心配をなくすためのGoogle URL短縮 | ミッシェル・グリーン

長いURLで怪しさとスパムの心配をなくすためのGoogle URL短縮

カテゴリー:マーケティング
2017年6月6日

Google URL短縮
https://goo.gl/

 

URLが超ロングなときがあります。

例えば、このようなURLです。
http://www.michell-green.com/url%E7%9F%AD%E7%B8%AE%E7%94%A8%E5%8F%82%E8%80%83%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8/

 

これだけ長いURLになる理由は、日本語URLが英語に戻されているからです。

正確には、日本語だったURLを本来の形に戻した。という方が正しいでしょう。

 

日本語
http://www.michell-green.com/url短縮用参考ページ/

 

普通にコピーペーストすると本来の英語URLに戻ります。
http://www.michell-green.com/url%E7%9F%AD%E7%B8%AE%E7%94%A8%E5%8F%82%E8%80%83%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8/

 

このように日本語は英語になり、長いURLになります。

 

URLを短縮するとこれだけで済みます。

https://goo.gl/VlVoJA

 

ちなみにGoogleログインをすると、パスワード等を入れなくてもURLだけで短縮URLを作成できます。

 

URLが長いと2つのデメリットがあります。

・怪しい。
スパムの怪しいメールがありますね。迷惑メールです。あれでよく送られてくるのがロングなURLなのでそのようなイメージを持つ方も少なくありません。

・URLが長くてスパムになるのでは?
心配されることがあります。実際に下がった事例はないですが、昔、長いURLはスパムになりやすい、危険だという噂が流れたのでそういう心配をされる方もいます。

 

日本語の方が検索で上がりやすい?
よく言う方もいますが、実際に効果が立証されたことがありません。

GoogleのURL短縮を使い、長すぎるURLをブログ記事から整理してあげましょう。


TOP> > 長いURLで怪しさとスパムの心配をなくすためのGoogle URL短縮