隣の地域名で検索上位表示を狙うSEOブログ記事の書き方 | ミッシェル・グリーン

隣の地域名で検索上位表示を狙うSEOブログ記事の書き方

カテゴリー:マーケティング
2017年7月30日

SEOの観点から隣の地域でブログ記事を利用し、上位表示するための記事の書き方について解説致します。

 

タイトルに狙う症例名と地域名を入れる。

『中野島駅』の隣の『稲田堤駅』で検索上位表示したいとき、『稲田堤駅』のキーワードをブログ記事タイトルに入れます。

『症例名』も入れます。

入れて良い回数は、各2回までです。
3回以上は、ダメです。

 

例 :肩こりの多そうな姿勢をする稲田堤駅周辺の方へ
例2:稲田堤駅から10分の移動があっても肩こりの患者さんが来院される理由

 

本文に地域名、症例名を度々入れる。

けれども、それが不器用に入っていては、いけません。

自然に言葉を話していると地域名と症例名が出る程度です。
3行に1回、600文字あるなら10回入れるなど、ノウハウは一切使わず。

自然にタイトルに合う内容を書いてください。

・不自然な地域名と症例名の利用
・タイトルと本文がマッチしない。
・本文を読むと不自然

地域名と症例名で上げますが、そのような不自然感が起こらないようにしましょう。

 

これだけ守れば、上位表示が可能となります。

駅名、町名は上位表示が容易なのでこのやり方で十分です。


TOP> > 隣の地域名で検索上位表示を狙うSEOブログ記事の書き方