Facebookを使って手っ取り早くオファーする方法 | ミッシェル・グリーン

Facebookを使って手っ取り早くオファーする方法

カテゴリー:マーケティング
2017年7月4日

「チラシで反応が取れない。」

そのときは、ソーシャルメディアを利用して集めてみましょう。無料で同じ地域の方々にオファーしやすいのでおすすめです。

手順をまとめました。

 

Facebookで投稿

例えば、無料体験会をやることをいつ、どこで、誰がやるかを書いて投稿にて、オファーしてあげます。

 

ブログで投稿

ブログでもオファーしてあげましょう。
よく見てくれている方々は、気になります。

Facebookで投稿するときブログのこの記事に飛ばしてもいいですね。

 

女性にシェアしてもらう。

無料で施術してあげたり、同じ地域の友人に頼み投稿したオファーをシェアしてもらいます。

これは、Facebookで美味しそうな御飯屋さんがアップされていて、その人と会うときに「その御飯屋さんに行こう!」となるようにFacebookで投稿やシェアされたことは、見た人は気になります。

ほとんどの場合、気になった人は本人と会ったとき、電話をしたときなどに聞かれます。
そのときに、「シェアしてって言われたからしただけだよ。」と言われないように口コミ対策もしておきましょう。

 

開催前に定期的に患者様の声を投稿

3週間後に開催を決め、初投稿してから当日まで何も投稿しなければ気になった人も忘れてしまいます。

気づいたときには、「本日、開催しました!大盛況でありがとうございました。」の終わっている投稿を見ることになります。

そこで定期的に患者様の声を投稿してあげます。
それは、無料体験なら、その無料体験に関係する症例が良いです。

実は、この患者様の声がすごく重要でどのような症状からどのように改善したか?を具体的に見ることができます。

それは、無料体験会で得られるメリットと患者さんは感じ来られます。

 

Facebook投稿スケジュール

1ヶ月半前 初投稿オファー
1ヶ月前  2度目のオファー
1週間に1回 シェアしてもらう。
1週間に1回 患者さんの声アップ
開催3日前 もうすぐ。意気込み
開催1日前 明日やること。余裕があること。
開催日朝  大盛況であること。
開催日昼  何時から空きがありそうなこと。
開催日夜  大盛況で終えたこと。
開催翌日  次なるオファー

 

以上のスケジュールによって、興味を引き、体験会に患者さんを呼ぶことができます。
無料でも、患者さんの興味を十分引きつけるので是非、ご活用くださいませ。


TOP> > Facebookを使って手っ取り早くオファーする方法