人口統計ラボで適切な対象を決定する。 | ミッシェル・グリーン

人口統計ラボで適切な対象を決定する。

カテゴリー:マーケティング
2017年7月19日

https://toukei-labo.com/

 

 

よく市場調査のツールは、データとして今後の活動のために集めたりします。
ただ、地域の人口を知り、性別と年代を知っても具体的にそれが何の役にたつのかはっきりわかりづらいです。

そして、情報もどこから集めたら良いかわからず、市場調査ツールを数万円で契約するも活用できなかったりします。そこでここでは、1つだけ活用法を掲載致します。

 

田舎の方は、本当に高齢者が多いの?
人口が集中している地区はどこ?

適切な患者の集め方を統計から見ます。

 

ターゲットに合う地域を探す。

人口統計ラボでは、この情報で適切に患者さんに接触できます。

 

男女別人口及び世帯数一覧

男性と女性のどちらが多いかがわかれば、対象が集めやすいかがわかります。

 

年齢別(5歳階級、4区分)、男女別人口一覧

 

最も重要なポイントですね。40代女性に産後骨盤矯正をしたいときは、性別、年代が鍵ですね。
年齢によって、本当に自費をやっていい地域なのか、保険の方が良いのかもわかります。

 

世帯人員別一般世帯数一覧

世帯の家族類型別一般世帯数一覧

家族が多いのか一人住まいなのか。千葉県で家族に助成金を出しているところは、本当に家族が多いのか調べることができます。

助成金を提供していることと、本当に家族が住んでいることが多いのかは見てみないとわかりません。

 

世帯の経済構成別一般世帯数一覧

単価を決定できますね。

 

これは、ホームページだけでなく、チラシにも活用できます。


TOP> > 人口統計ラボで適切な対象を決定する。