ミッシェル・グリーン集客方法 | ミッシェル・グリーン

ミッシェル・グリーン集客方法

カテゴリー:マーケティング
2017年7月29日

ホームページで症例ページを作成します。
ブログで自院地域以外の地域からの集客を増やします。
症例ページ、別地域名+症例ページが増えれば増える程、検索上位表示キーワードが増え、アクセスが上がり集客数が増えます。
集客とは、このように行動から数字、成果を見越します。
そうすれば、患者さんは必然と集まっていきます。

 

主な集客ツール

ホームページ

ポイントは、サブページに症例ページを作成します。
肩こり、腰痛、頭痛、めまい・・・数が増えれば増える程、患者さんは、自分が悩んでいる症例を見つけ相談できます。

そもそも書かなければ、対応できないと思い、相談できないのです。

そして、症例ページが増えれば増える程、検索上位表示キーワードが増えます。

 

SEO(検索上位表示)

『肩こり 川崎市』
『肩こり 多摩区』
『肩こり 中野島』

肩こりのページを作成だけでこれだけの上位表示確率があります。

症例数が増えれば増える程、自院がある地域で上位表示することができます。

 

症例

症例は、先生が対応できる症例を一覧化し、1ページずつ、定期的に作成します。
1ヶ月1ページ作成するとしましょう。12ヶ月で12ページです。

1症例から3ヶ月に1名来院だとしましょう。年間4名集客します。
12ページで48名です。

これで年数が経ってみると。
3年で36ページの144名です。
5年で60ページの240名です。

症例によっては、集客できない症例もあれば、1ページで毎月3~5名集客する症例もあります。
更新によって、院と地域の傾向が見えれば、成果を作りやすくなります。

地道な行動と長期間の忍耐力によって、長期の安定が作られます。

 

地域

治療院は、中野島だけから集まるわけではありません。
隣の駅の稲田堤駅、登戸駅からも集まる可能性があります。

中野島という1つの自院の地域だけでなく、隣の駅、また、その隣の駅と集客地域を増やすと集客の柱が太くなり、数字が落ちづらくなります。

 

ブログ

隣の駅、地域名で上位表示したいときにブログを活用します。
タイトルと本文に上位表示したい地域名と症例名を入れます。

タイトルに合う内容を作成すれば、意外にそれだけで上位表示を可能とします。
ページが増えれば増える程、別地域名+症例名で上位表示数を増やし、集客を安定させます。

 

エキテン

ホームページ以外に集客数を増やすツールは活用します。
1つはエキテンで口コミが増え、評価が上がり、地域で1位になると来院数が増えやすいです。

 

Googleマイビジネス

活用するのは、Googleマップです。
Googleマップも口コミがあります。基本的な情報を登録し、口コミが10件以上になったとき、Googleマップ検索で上位表示しやすいです。

 

このようにホームページは、来院を決定させるために必要な情報をシンプルに掲載し、その他のSEO、ブログ、エキテン、Googleマイビジネスでアクセスを集めることに徹します。

これだけで来院は、作れますし、実行数を増やせば、来院数を増やします。


TOP> > ミッシェル・グリーン集客方法