地域名+症状名+サービス名検索 | ミッシェル・グリーン

地域名+症状名+サービス名検索

カテゴリー:マーケティング
2017年8月15日

地域名+症状名+サービス名の同時検索をされる患者さんは、改善方法をすでに決めているので改善方法を決めていない、もしくは知らない患者さんより厄介なところがあります。

問題は、「施術家ならそのサービスができれば誰でも良い。」という患者さんです。

施術にプライドを持ち、技術力が高い先生にとって、あまり良いお客さんにはなりません。

その点では、地域名+症状名のような解決策を知らない方が解決策を教育し、改善されるなら、それでいい!と割り切ってくれるのでやりやすいです。

ただ、そのサービスにこだわられると本当は、別の施術の方が良いと思ったとしても強情にそのサービスでないと受けたくないということもありえます。

 

症状に対して、解決策を調べ尽くし決めている可能性があるので知識もあり、面倒な患者さんになりえる可能性があります。

明確さは、来院成約率を上げる代わりにこのようなデメリットがあります。

 

その中でも過去にその施術を受けたことがあり、引っ越し先や勤務先が変わり、また、同じ受けたい!という方であれば、良いリピーターになります。

ネットで調べ尽くしている方を先生もお会いされたことがあるのではないかと思いますが、本気度が高いので良さそうですが、来院後にしっかりとコミュニケーションを取らないと面倒なことになったり、リピート率を落としやすい患者さんでもあります。

TOP> > 地域名+症状名+サービス名検索