6.先生の院の施術事例集 | ミッシェル・グリーン

6.先生の院の施術事例集

カテゴリー:マーケティング
2017年8月8日

腰痛

 

例1

「前かがみの動作をする痛くなる」と言いう事ですが、脚の筋肉の調整をさせていただいて、腰痛が出なくなりました。」とお話くださいました。

脚の筋肉の調整で腰痛が改善しました。その理由は脚の筋肉を調整することによって、骨盤が正常な運動に戻り、腰にかかる負担がなくなって痛みが改善されました。

脚がズレていたので、骨盤もズレてしまって、それを調整しました。腰には触れず、脚を触って、腰の調整をした感じですね。5秒くらいで、腰痛が取れました。

ハムストリング(人間の下肢後面を作る筋肉の総称)が異常緊張していて、伸屈時に骨盤が後傾されていたんですね。骨盤の前傾運動がスムーズにいかなくなっていました。前傾運動がうまくいかなくて、骨盤を前傾運動させる時に痛みが出ていたんですね。それで治療して改善しました。

 

例2

腰痛は骨盤の歪みが大きく、歪んだままの状態で使っていたりすると、腰の痛みは取れないので、骨盤を中心とした骨の歪みを整える必要があります。

腰が痛く病院に行くと「骨と骨の間が狭いですね」と言われるのですが、それは内臓の位置が下がり、あばら骨(肋骨)の位置が下がるので、あばら骨と骨盤の隙間の空間が上と下で押しつぶされて狭くなるためです。それを広げてると、腰のスペースが広がるので、とても楽になりますので、その施術を行っています。

 

例3

○○整骨院では手技療法と電気療法で腰痛治療を得意としています。

手技なのでメスを使う事はありませんし、薬も使わないので副作用に悩まされることもありません。身体にやさしいDRT療法で施術をしていくので安心です。

痛みの原因が骨の変形や年齢、椎間板ヘルニアとは関係ない事が多くあります。

腰痛の方のカラダをチェックすると殆どの方が『ふくろはぎ』が緊張して固くなっていることが多いです。「最近こむら返りが多い」・「数日前から脚が重だるい」などと感じてきたら、ギックリ腰や腰痛の前兆サインです。なぜサインなのかというと骨盤の傾きそれに伴い背骨も歪み腰にストレスがかかります。ですので、ふくらはぎが緩めば腰痛も和らぐってことです。

○○整骨院では骨盤・背骨の歪みを調整します。歪みを改善するとふくらはぎの緊張も緩み、あとは自然に痛みが取れていきます。もちろん、施術後の指導をしっかり行っていただく必要がありますので、親切、丁寧にお伝えします。

 

例4

○○院では、まず患者様の腰痛の原因がどういった部分にあるのかということを把握して、症状に合わせた最適な治療方法をおこなっております。痛みを素早く取り除くことが出来る物理療法や、原因をしっかりと取り除いていくことが出来る手技療法などを組み合わせていくことによって効果的に改善させていくことが可能なのです。

手技療法では、筋肉とリンパをしっかりとつかみ揉みながらゆっくりと動かし、伸ばしていくという施術をおこない、これによって流れが悪くなってしまっている血行・リンパの流れをスムーズにしていきます。

硬くなってしまっている筋肉がほぐれてゆるんでいきますので、そこで骨格を正しい位置に戻してあげるのです。

軽度の症状であっても、放っておくと次第に痛みが強くなってきてしまうこともありますし、さらにぎっくり腰などを引き起こしやすい状態にしてしまいます。出来るだけ早めに○○院にて痛みを取り除いて、歪んでしまっている骨盤などを矯正し全身のバランスを整えておき腰痛が起こりにくい身体にしておくことをオススメいたします。

 

肩こり

例1

○○院の肩こりの治療方法では、「肩こり矯正」が多く使われます。
肩こり矯正は、痛くありません、ポキポキしません。気持ちいい、痛気持ちいい矯正ですので安心して受けられます。
根本的に肩こりを解消するには、「正しい姿勢」「美しい姿勢」になることが必要です。
あおば整骨院では、首・肩・背中の筋肉を緩め、骨格を正しい位置に戻し本来の正しく美しい姿勢に戻して、肩こりを解消していきます。

 

例2

○○院に来院された患者様で、何年もマッサージ院に通ったが肩こりが解消できず、悩んでいた方がいました。
色々と検査をして姿勢を調べた結果、猫背と反り腰が原因でした。
矯正をして、正しい姿勢に矯正すると、その日から肩こりが半減し、その後も矯正で姿勢が良くなると肩こりも無くなってしまいました。今でも月に一度来院されますが、正しく美しい姿勢のため、肩こりは出ていません。
当院では矯正の以外でも、マッサージ、電気治療も肩こりを施術する事は可能です。
「正しい姿勢」は「美しい姿勢」、そして「痛みのない姿勢」です。
痛みの出ない身体にするために、正しく美しい姿勢を作る事が必要です。

患者様に現在のお体の症状と状態が少しでも解かりやすく知って頂くために、骨模型やiPadの画像を使いご説明しております。わからない事が有りましたら、何なりとご質問してください。

 

例3

姿勢が悪かったので、姿勢、猫背を矯正をしました。頭の位置がかなり前に移動してしまっていたので、それを改善するような施術をしました。
2ヶ月、トータルで8回くらい施術しました。今、仕事をしてても、たまに肩に疲労感が出るくらいで、片頭痛もなく、痛みもでない状態でした。

背中が、猫背になることによって、肩の筋肉が張ってしまうのと、頭が前に行くことによって、頭の重さを首の筋肉が支えなければならなくなり、その物理的な負担が大きくなって、首の筋肉が緊張してしまっていた状態でした。姿勢を戻してあげることによって、頭の重さ等の物理的な負担が減ったので、症状が改善したと思います。

施術後、症状は改善され患者さんから「仕事が楽になり、ゴルフも行けるようになり喜んでいました。」と喜ばれておりました。

 

例4

○○院で肩こりがよくなる3つの理由

1、肩に関する他の部位から肩の筋肉を緩める方法を使っています。
2、体の歪み、背骨・骨盤の歪み、姿勢改善をする技術を持っています。
3、内臓疲労からくる肩こりに対応出来る整体を行っています。

 

頭痛

例1

姿勢矯正を8回 2か月間行いました。
1回目から頭痛の頻度が変わり、
1か月目でほとんど頭痛は出なくなりました。
2か月目以降は全く頭痛は出なくなり、
実はずっと耳鳴りがしていたが、耳鳴りもなくなったと喜ばれていた。

今回の場合は筋緊張性の頭痛と呼ばれている、筋肉由来の頭痛だったため、原因となっている姿勢を矯正することで首の筋肉の負担が取れて症状が改善しました。姿勢を改善することで筋肉に負担がかからなくなるので、再発を防ぐこともできます。

 

例2

この方は、頭痛だけでなく、肩こりも凄かったです。特に左側の肩が固く、人が一人肩に乗っているようなズーンとした感覚、重く、吐き気をもよおすくらい気分が悪くなることも結構あると言っていました。酷い時は、心臓が悪いのではないかというくらい胸がキューとなり、心臓がどうかなってしまったのではないかという感覚もあり、循環器に見せに行ったこともあるそうですが、そこでも「異常ない」と言われたそうです。
肩がこり過ぎて、胸がグーとなり、その辛さがあるくらいしんどく、重く、肩を回したり、動かしたりすると、音がボキボキ鳴るくらいでした。

このままじゃいけないということで来院されました。

この方の場合は、胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとうきん)と言う、首から、顎、頭にかけて繋がっている筋肉があるのですが、その筋肉の固さが凄く、それに合わせて肩の筋肉が引っ張られているような感じでした。
そこの筋肉が引っ張りがなくなるような形にし、姿勢(胸)が丸まっていて、それで胸を圧迫して苦しかったので、姿勢が猫背にならないような形に治療をさせていただき、結果、頭痛が治まり、体が通るような感覚になったと仰っていました。
首を後ろにした時と横にした時に、後頭部、頭の後ろからこめかみに向かってズキッと走るような痛みがありました。こちらはまだ少し根っこの部分で痛みは残るものの、ズキッと走る痛みがなくなり、苦痛がだいぶ減りました。

 

例3

頭痛を改善するのには、整体がいいの?

「整体」と一口に言っても各院によって対応が異なります。○○整体院では、体全体の循環(血液・リンパ液・脳脊髄液)をよくする事を主眼においています。ですから改善が根本的で確実です。
特に、脳内の圧力、圧迫を避けるために頭部及び全身の循環を改善させていきます。首をボキボキしたり強い力でグイグイ押したりはしませんので安心、安全です。もちろん、頭痛の改善のスピードには個人差があります。 けれども○○整体院では、たった数回の整体で頭痛が驚くほど軽くなったという声を多数頂いています。

 

例4

当院は、薬やマッツサージやボキボキするような一時的に症状を回復させるようなことはしないで、根本的に頭痛を改善させる事を目指します。
そのためには、「脳脊髄液」の流れを良くする必要があります。
脳脊髄液とは、頭でつくられて全身を循環する、栄養素です。頭蓋骨や内臓の位置が歪むとうまく脳脊髄液が流れることが出来なくなり結果的に頭に貯留します。
貯留した脳脊髄液が脳の血管を圧迫する事により頭痛が起きていると考えられます。内臓・頭蓋骨(クラニアル)を整える事によって頭痛を根本的に無くしていきます。

TOP> > 6.先生の院の施術事例集