症状名+サービス名検索 | ミッシェル・グリーン

症状名+サービス名検索

カテゴリー:マーケティング
2017年8月17日

風邪+お灸のように症状名とサービス名の検索で症状と解決策が明確であるパターンです。

問題は、地域を絞っていないので自分で解決しようと思っているアクセスが多いことです。

どこか、近くの地域で誰かに解決してほしいと思えば、真っ先に地域名を入れます。

地域名が入っていないキーワードが増えたときは、基本的にプロとアマが行ったときの違いについて、よく説明を入れることです。

プロの成果とアマが行ったときのデメリットです。

 

症状を解決するという意識はあるので、その症状をなぜ先生のサービスで改善させることができるのか?を説明し、プロとアマの成果とデメリットについて書くだけで良い来院率を取れます。

このキーワードの患者層は「すぐに対応してほしい。」傾向にあります。
来院数を上げるのに最も良いキーワードです。

TOP> > 症状名+サービス名検索