なぜブログを書いた方が良いのか。 | ミッシェル・グリーン

なぜブログを書いた方が良いのか。

カテゴリー:マーケティング
2017年8月25日

新規患者来院とリピーターの再来院が増える。

ブログを書いた方が良い理由?この理由がすべてであとは副産物です。

先生もホームページ制作、ブログ更新は、新規患者来院とリピーターの再来院を増やしたく行うと思います。

「一応、案内をしたい。」「ブランディングのために持っておきたい。」このようなときは、ブログ更新の必要がなくなります。

 

書く能力が上がり、それが強みになる。

これを持っている治療家が少ないので強い強みになる。
強みを持っていない先生がいるなら、この強みを作ることをおすすめします。

強みは、そう簡単に手に入るものではありません。

時間をかけて鍛錬することで手に入ります。
だから強みなのです。

 

時間効率を上げる。

患者さんに説明することをホームページやブログで解説しておけば、時間効率を上げることができます。

同じ説明をしていたり、新規患者さんが来院する度に聞かれる質問を「こちらを読むとわかりますよ!」と渡してあげるだけでよくなるので時間が確保出来るようになります。

 

患者さんにニュースを伝えられる。

院内の見えないことを見せてあげたり、休みの日時を伝えられます。

 

毎日読んで楽しみにしてくれる患者さんができる。

この方ができると書くことが快感になります。
ファンってやつですね。

「この前の◯◯読みましたよ。」

書く気も上がります。

 

やりきった達成感

「ブログを毎日書いている。」

これを人に言えるようになると、みんなどんな反応をするかご存じでしょうか。

「ええ、すごい。」みんなこんな反応をします。

みんながやればできるのにできないことをできた達成感は、得たあとに他にも色々なものを得たことにあとから気づきます。

TOP> > なぜブログを書いた方が良いのか。