2.このような方へ事例集 | ミッシェル・グリーン

2.このような方へ事例集

カテゴリー:マーケティング
2017年8月2日

腰痛

例1
・慢性的に痛い。
・整形外科に行っても治らなかった。
・我慢できないほどではないが気になる。
・常にコルセットをしている。
・物を持つと痛い。
・掃除をすると痛い。

 

例2
・スマホやパソコン操作で前傾姿勢が多い。
・柔らかいベットとフワフワな枕で寝る。
・この頃、お腹が出てきたように感じる。
・長時間のデスクワーク・勉強。
・肩バックはいつも同じ肩にかけている。
・重い荷物を持つことが多い。
・姿勢が良くないと自覚している。
・椅子に座るとき脚を組む。
・出来れば歩きたくない。

 

例3
・朝起きると痛いが昼頃にはましになる。
・お尻周りに重量感や痛みがある。
・太ももの裏やふくらはぎが突っ張る。
・坐骨神経痛のように下肢にシビレ感がでる。
・腰から臀部に突き刺すように痛みが走る
・膝や股関節がパコパコとなる。

 

例4

・症状が慢性化してなかなか痛みがなくならない。
・時折、腰がギクッとなるのが不安だ。
・中腰の姿勢がイチバン辛くなる…。
・お尻から足にかけて痛みや痺れがある。
・長い時間同じ姿勢だと腰全体が辛くなってくる。
・しばらく座っていて、立ち上がる瞬間に腰の痛みが走る。
・靴下をはく時に、腰が痛くて靴下はけない。
・目が覚めて寝起きの時に腰が一番痛い。
・重いモノを持ち上げるとスグ腰が痛くなってくる。
・あお向けで寝てると腰がツラくなってくるので横向きで寝てる。

などなど、○○整体院には腰痛でお悩みの方が多数来院されています。

 

例5

・腰が痛い。
・足を組むクセがある。
・長時間座り続けていることが困難。
・寝返りをするとき痛みが強く起きてしまう。
・レントゲンでは異常なしと言われたが痛む。

 

例6

・同じ姿勢で座っているのが辛い。
・足を組んで座っている方が楽。
・運動したいけど、また腰が痛くなるのが怖くてなかなかできない。
・仰向けで真っ直ぐ寝るだけで辛い。

 

例7

・痛くて朝起きられない。
・痛みで眠りが浅い。
・湿布を貼ってごまかしている。
・整形外科・整骨院へ行ったけれど改善していない。
・好きな事ややりたい事が出来なくて、この先どうなるのか不安。
・放っておいたら足まで痛みやしびれが出てきた。
・コルセットを常用している。

 

例8

・腰が重い。
・何もしていないのに腰が痛い(鋭い痛み)。
・起床時など腰を捻ったり動かした時に痛む。
・お尻や足に痛みが走る。

 

例9

・床に置いたものを持ち上げた時にひねった。
・ゴルフをしていて腰を痛めた。
・くしゃみをした拍子に腰・背中が痛くなった。
・産後、腰痛を感じるようになった。

 

例10

・何もやっていないのに腰が痛い。
・ソファーから立ち上がるときに腰が痛い。
・同じ姿勢をしていて、動き出すときが痛い。
・寝返りを打つと痛い。
・足を組んでいないと落ち着かない。
・ストレッチの前屈や後屈をしようとすると、痛みを感じる。
・ギックリ腰の前兆がある。
・出産後、腰痛がひどくなった。

 

例11

・朝起きると腰が痛くなる。
・長時間座っていると腰が痛み、足がしびれてしまう。
・ちょっと歩いただけでもすぐに腰が痛くなり、歩くのがツライ。
・横にならないと痛みがおさまらない。

 

肩こり

例1
・首が痛い。
・慢性的に肩が引っ張る感じがする。
・吐き気がする。
・肩が重だるい
・肩周りの筋肉が張っているような感じがする。
・体がだるい。
・カバンを持つと辛い。

 

例2
・慢性的な肩コリがひどい。
・首が痛いし、頭痛もしょっちゅうある。
・手や肘(ひじ)のシビレや痛みがある。
・鏡で見ると肩の高さが違う。
・腕が上げにくくなってきた。
・姿勢が悪いと感じるようになってきた。
・特に猫背が気になる。
・視力が落ちてきた。
・気持ちが落ち込むことがある。

など、さまざまな症状・要因によって「肩こり」という症状として出てきてしまいます。

 

例3
・肩に重りがのっているようだ。
・とにかくコリが気になって集中力がなくなった。
・首が回りにくい、肩がダルい。
・首から肩にかけてツッパて、痛みや頭痛を感じる時もある。

 

例4

肩こりに伴うこんな症状に悩まされていませんか?

・貼り薬や塗り薬が手放せない、つい頼ってしまう…。
・長時間のパソコンの使用で、肩だけでなく目も辛く感じるようになった…。
・1日の中でお風呂に入っている間だけは、肩こりを忘れられる
・もう長年のことだし、体質だと思ってあきらめている…。
・朝起きるとすでに肩がこっていて、動いているうちに和らいでくるみたいだけど…。
・時折、腕や手先にまで痛みや痺れを感じることがある…。
・肩こりだけでなく、首の痛みや頭痛まで起きる…。

などなど、○○整体院には肩こりでお悩みの方が多数来院されています。

 

例5

・首から肩にかけての筋肉が突っ張る。
・鏡で見ると左右の肩の高さが違う。
・美容院で「肩が鉄板みたいに固いですね~。」と言われるのに全く自覚症状がなく不安。

 

例6

・デスクワークの方が多く、酷くなると頭痛や吐き気もしてくる。
・肩だけでなく、肩甲骨の間も辛くなってくる。

 

例7

・肩を動かすと筋肉が張った感じがする。
・肩が重く、スムーズに動かない。
・肩に鈍い痛みがある。
・肩に軽い痺れがある。
・だるさを感じる。

 

例8

・パソコン等目を酷使する作業を長時間している。
・しょっちゅう寝違えてしまう。
・夜、肩が痛くて寝付くことができない。
・慢性的な肩こりや頭痛に悩んでいる

 

例9

・姿勢が悪い
・運動不足
・長時間のPC作業
・眼精疲労
・肉体的ストレス、精神的ストレス
・骨盤のゆがみ

 

例10

・肩こりがツラくて仕事に集中できない。
・肩が重くて家事がツライ。
・座っているだけなのに肩が重い。
・毎日揉んで欲しいくらいツライけど、家族に頼むのは心苦しい。
・肩こりから頭痛や吐き気がする、ほんとうにツライ。
・ツラくていつもイライラしてしまう。
・どこに行ってもマッサージや湿布だけ、何のための施術なのか、原因は何なのかも説明されない。
・整体で痛い思いをしたのに、翌日には肩こりのツラさが元に戻っていた。

 

 

頭痛

例1
・肩が張るような感じがして頭痛を感じる。
・耳鳴りがする。
・慢性的に頭が痛い。
・頭が重だるい感じがする。
・大きい音を聞くと嫌な感じがする。
・軽いめまいがする。

 

例2
・頭痛の痛さが気になり、集中力がかける。
・酷い時はドクドク波打つような感覚があり気になって、目の前にあることが出来ない。
・ある程度の時間が経つと頭痛が出てくるので、長時間の仕事を断念せざるを得ない。

やりたい気持ち、続けたい気持ちはあり、体的にものってきた感じはするのに、頭痛が出て休憩せざるを得ない。集中力が途切れ、その都度、一服、一服になるので、仕事が中々進まず、仕事効率が悪く、結果的に残業になってしまい、睡眠不足になり、余計、頭痛が治まらないなど。

 

例3
・痛み止めを常に持ち歩いていないと不安。
・ひどい時には、吐き気、めまいもする。

 

例4
・首の張り、肩こり、吐き気がある。
・頭が締め付けられるように痛い。
・頭が脈打つように痛い。
・肩が張ってくると頭も痛くなる。

天気が悪くなる前、雨の日の前などは痛みがでやすかったり、日中で言うと、午後になるとどんどん痛みが強くなってくるとか、イライラして何もする気がおきない、パソコンなどの作業が続くと目の奥が痛くなる。

 

例5
あなたは頭痛のこんな症状に悩まされていませんか?

・鎮痛剤を常備していて手放せないでいる。
・クスリを飲んでも頭の痛みが消えないことがある。
・気圧や天気が変わる時には、いつも痛む感じになる。
・頭がギュッとしめつけられる感じがする。
・ズキン・ズキンと頭に響いてくる。
・検査で脳には異常がないと言われたけれども。
・目の奥まで痛くてキツイ感じ。
・生理痛と同時に頭も痛くなってくる。
・頭痛いし、気持ちも悪くなって吐き気もしてくる。

などなど、○○整体院には頭痛でお悩みの方が多数来院されています。

 

例6
・疲れると頭が痛い。
・脈拍に合わせていたい。
・定期的に偏頭痛がでる。
・耳鳴りが起こる。
・病院にいって筋肉による頭痛と言われた。

 

例7
・鎮痛剤を常備していて手放せないでいる。
・クスリを飲んでも頭の痛みが消えないことがある。
・気圧や天気が変わる時には、いつも痛む感じになる。
・頭がギュッとしめつけられる感じがする。
・ズキン・ズキンと頭に響いてくる。
・検査で脳には異常がないと言われたけれども。
・目の奥まで痛くてキツイ感じ。
・生理痛と同時に頭も痛くなってくる。
・頭痛いし、気持ちも悪くなって吐き気もしてくる。
・などなど、○○接骨院には頭痛でお悩みの方が多数来院されています。

 

例8
・脈拍に合わせてズキズキ痛む。
・片側の頭が痛くなる。
・気持ち悪くなる。
・肩こり、首の痛み、目の奥がコル。
・血管が神経を刺激して頭痛が起こる。
・片目の奥のほうが痛む。
・頭をギューッと締め付けられるような、重い痛み。
・パソコンなどで首や肩のコリや目の痛みを伴う。

 

例9

・頭痛があり、頻繁に薬を飲んでいる。
・肩が張り、腕が上がらない。
・朝起きた時の背中の張りと慢性的な肩の痛みがある。
・肩が張りすぎて気持ちが悪い。
・頭がぼーっとしていて集中できない。
・めまい、ふらつきがある。

 

例10

・頻繁に頭痛薬を飲んでいる。
・病院に行ったけれど原因が分からない。
・頭痛は一生つき合うものだと思っている。
・目の奥の方が痛い。
・頭痛で仕事に支障をきたしている。

 

例11

・薬を飲んでも一時的に楽だが、結局治らない。
・生理の前に頭痛が酷くなる。
・季節や天候により頭が痛くなる。
・マッサージや整体、病院でも改善しなかった。
・頭痛とうまく付き合おうと諦めていた。

 

例12

・病院に行っても原因が見つからなかった。
・薬を飲んでも痛みが完全に消えない。
・頭痛が辛くて仕事に集中できない。
・吐き気がする時もありとてもツライ。
・眼の奥が酷く痛い。

TOP> > 2.このような方へ事例集