上位表示サイトを真似ても上がらない。 | ミッシェル・グリーン

上位表示サイトを真似ても上がらない。

カテゴリー:マーケティング
2017年9月25日

「供給のホームページを調べようと検索結果を見て回ると、上位表示しているホームページを真似れて書いていれば、上位表示できそう。」

1位のページを参考に作成しても全く上位表示しない・・・。

 

・同じ検索キーワードで同じ内容または似た内容がある必要がない。
10位以内の記事がほとんど同じこと書いていたら、どうでしょうか。他のページを見る必要がなくなります。

・だいたいの場合、1位のページよりクオリティが低い。
真似て1位のページよりクオリティが低ければ、わざわざ似たページのクオリティの低いページを上げる必要がないので上がりづらいのです。1位の人は、考えて作っているのでそれをテクニック的に真似ているだけでは1位を超えられません。

・同じことをしている人が多い。
みんな、考えることは同じで1位のページを真似て似た文章、似た言葉で構成されたページが上がりづらくなるように対策するには、十分な程に資料があるでしょう。

簡単に成果を上げようと思うとみんな考えることが同じなのです。

・それが真実だとしても、本当かどうかわからない。
先生の公開してる情報が真実だとしても一般の人が受け入れられないとき、違う切り口の真実だとしても上がらない場合があります。

人が真似るとき、簡単に頭を使わずに短時間で成果を上げようとします。
それは、誰にでも思いつく方法で、上位表示しないと、それより少し良い内容にしようとします。

それでも上がりません。

それだけ1位になるためにページを作成するということは、1位に簡単になることではなく、患者さんに来院のために必要な情報を提供するために。の視点で書かなければなりません。

TOP> > 上位表示サイトを真似ても上がらない。