午前と夕方の予約を埋める対象の患者さん | ミッシェル・グリーン

午前と夕方の予約を埋める対象の患者さん

カテゴリー:マーケティング
2017年9月16日

よく治療院の患者さんとして、対象とされやすいのが、30代、40代、50代女性です。
なぜかというと、リピート率が高く、紹介が起こりやすい。

他にこの年代には、2つの分類に分けられます。

OLと家事です。

この2つの分類は、よく見てみると!とても良い対象だったりします。

 

OLと家事

新入社員として、働き始め、身体に症状が出ます。
結婚し、出産、家事をし症状が出ます。

これを流れでまとめてみましょう。

 

OL(ビジネスウーマンを対象に)

肩こり、腰痛(日本女性で最も多い症状が肩こりです。次に腰痛です。この2つで大多数の女性患者さんを集めます。)

生理不順(将来、結婚を考えており、子供が欲しいけど、仕事のストレスによって、生理不順で将来、子供ができるか不安な方を対象にします。)

妊活・不妊(結婚し、不妊になり困っている方です。不妊が解消されれば、産後骨盤矯正になります。)

==
とここまでの患者さんは、OLで将来的に産後骨盤矯正の患者さんになる可能性を秘めております。

 

家事(産後骨盤矯正やその後)

産後(産後骨盤矯正で開いた骨盤や腰痛を改善します。)

美容(産後に失った美意識を取り戻したり、産前の身体に戻すなど要望に対応できます。)

その後の症状、子供のケアまでできます。

TOP> > 午前と夕方の予約を埋める対象の患者さん