改善事例テンプレート | ミッシェル・グリーン

改善事例テンプレート

カテゴリー:マーケティング
2017年10月14日

症例をシンプルにまとめるとき、このようなテンプレートに合わせて書くと作成がスムーズで伝えたい事が伝わりやすくなります。

 

改善事例テンプレート

年代、性別、職業(40代男性でオフィスでデスクワークをしている方でした。)

日常、状態(1日8時間、ときに残業で10時間以上座ったままでいつも腰痛を持っていました。)

症状と起こっている状態(ある日、突然、腰が痛くなり3時間以上、座っていることができなくなりました。)

対処(彼は、夜寝る前に湿布を貼り様子を見ていましたが一向に良くならず、病院に行き薬をもらって飲んでいました。)

当院来院(薬を飲んでも腰痛の痛みが緩和されなくなったので腰痛を改善しようと当院へ来院されました。)

先生から見た患者さんの状態と解決策(腰が固くなり、姿勢が猫背になり、身体が左側に歪みがあったのでまず、身体の筋肉を緩めるためにマッサージをしました。骨格の歪みを猫背矯正と骨盤矯正で整えたところ、初回から腰痛が改善されました。その後、痛みが元に戻らないために週2回ペースで来院いただいて、1ヶ月過ぎたあたりから1週間に1回、2ヶ月目終わったときには、12回の来院が終わりました。

改善された結果(前と同じように8時間、ときに10時間以上座っていても腰が痛くなることはなくなりました。

その患者さんの反応(以前より仕事に集中できるようになったと、集中力がアップされたこと、夜の睡眠も深くなったと喜んでご報告くださいました。)

先生のコメント(初めて来院されたときの腰の硬さはびっくりしました!!そうとう痛いだろうなと思ったので早く改善してあげたいという思いでいっぱいでした。1ヶ月が過ぎて、痛みを訴えることがなくなり、2ヶ月目で猫背がすっと伸び、硬かった腰も柔らかくなったので安心しました。)

 

まとめ

あとは、最後に文章を繋げてあげれば、改善事例が完成します。
最後に微修正をすれば、完成です。

TOP> > 改善事例テンプレート