コース名特徴 | ミッシェル・グリーン

コース名特徴

カテゴリー:マーケティング
2017年11月10日

検索結果

『肩こり改善コース』『腰痛解消コース』のようにコース名に症状名と解決策を入れたコース名は結果が上がりやすいです。
『パーフェクトコース』『おまとめコース』のように独自の名前にするとアクセスは上がりづらいですが、患者さんの反応は上がりやすくなります。
コース名の利点は、名前を好きな名前にできることで症状名、施術名を入れたコース名を付けることもできるので『お疲れ解消コース』『癒しコース』のように独自のネーミングで作成できる柔軟性があります。

患者さんからの反応が上げやすく、アクセスを集めやすいキーワードを選ぶこともできるのです。

 

患者反応

例えば『仕事帰りコース』という名前には、施術を『骨盤矯正』と『マッサージ』を入れて1つのコースにできます。そして、複数の症状に対応できるようにまとめることができ、それがお得感を与えることができます。

難点は、お得にしようとたくさんの施術と対応症状を入れて、複雑にしてしまうことです。
複雑になったコースでは、患者さんを混乱させ決定を先延ばしにさせやすくするのでコース作成ではわかりやすさが最重要視されます。

 

ポイント

お得感と複雑さが紙一重です。コースは、お得感をどれだけわかりやすく伝えられるかをです。
お得にさせることよりも、来院させることが重要なのでそこを重きをおいて、コースを作成されると良い結果に結びつきます。

 

TOP> > コース名特徴