人生の付き合い|長く通わせたい。 | ミッシェル・グリーン

人生の付き合い|長く通わせたい。

カテゴリー:マーケティング
2017年11月13日

・患者さんにお得にさせてあげたい回数券
・症状を改善するために必要な来院回数が患者さんにとって多いと思わせてしまう回数
・症状が改善された後、人生で身体をケアしてあげて使い続けられるようにしてあげたい。

善意の思いで提供しているサービスが、「来院回数を引き伸ばせたい。」と捉えられてしまうことはしばしば。
来院をした方、リピートし続けてくれている方なら、そんなことを思わないでしょう。

ただ、初めて来院の方は、思っていた来院回数より多い場合や回数券を勧められたときにそう思ってしまうことがあります。

そのような疑心は、来院を踏み留めたり、1回来院してもリピートに繋がりにくかったりします。

 

長く通わせたい。

『患者さんを人生でケアし、使い続けられる身体を提供したい。』と『長く通わせて売上を上げたい。』は、起こっていることは同じです。
長く通うことに違いはありませんが、説明順番を間違えると前者のような気持ちでも後者のように捉えられてしまいます。

 

・回数券の話がぶしつけに出てきたり。(料金表で記載されていたり、料金表で掲載せず、来院してから説明することが良いですが、トップページに書いてある。)
・人生で通って欲しいとたくさん書いてある。(その理由がはっきりしていない。)
・16回の来院(初めての方には、多いと感じさせてしまう。来院によって何が得られるか、少ない回数で何が得られるかがない。)

新規来院の少ないとき、リピート率が低いときは、このように本当は良かれと思い伝えていることが逆に捉えれていることがあります。

今一度、ホームページを見て、どのような意図を感じるか見てみましょう。

TOP> > 人生の付き合い|長く通わせたい。