施術名特徴 | ミッシェル・グリーン

施術名特徴

カテゴリー:マーケティング
2017年11月11日

検索結果

施術名には、『肩こり治療』『腰痛施術』『疲労整体』のように症状名や状態が入っているのでアクセスも集めやすく、解決策提案のキーワードであるので高い成約率を獲得できます。

他の施術名でも症状名が入っていない『骨盤矯正』『姿勢矯正』『産後骨盤矯正』のようなキーワードでも一般的に知られている施術名は来院を呼びます。

ですが、独自で作った治療名は、一般には知られていないのでアクセスを集めづらい施術名です。
キーワードとしても、一般的に知られていないのでアクセスも少なく、アクセスが集まったとしても施術内容を教えるところから入るので、患者さんを呼ぼうとするのは、ハードルが高いです。

 

患者対応

施術名は、症状名に解決策のキーワードを入れたような名前が多いので比較的、何をしてもらえるのかわかりやすいので来院を呼びやすいです。

知られている施術名は反応が良いですし、知られていない施術名は反応が取りづらいという極端な状態になっています。

 

ポイント

1つの施術で複数の症状を改善できるのでコースに似て、お得感を与えられます。
コースより、複雑さが失われたおかげでシンプルに作りやすく、来院を呼びやすくなっています。

選ぶ施術名によって、集客数が変わるので選ぶ施術、名前は注意が必要です。

TOP> > 施術名特徴