ホームページで集客しようと単価を下げると! | ミッシェル・グリーン

ホームページで集客しようと単価を下げると!

カテゴリー:マーケティング
2017年12月10日

質の悪い患者が集まります。

質の悪い患者とは。
・支払い以上のサービスを求める。
・改善期間の説明を聞いておらず、改善されなかった自分の意見だけを通す。
・無駄に時間を取る。
・ケチで結局、高い施術は買わない。
・サービス以外に助けられたり、フォローされても恩を感じず、すぐに忘れる。
・恩を作っても料金の高い施術は買わない。買っても1回きり。
・予約に遅れる。それを平然とする。
・わがままで自分勝手

一定料金を下回ると業務効率を下げたり、先生の状態を悪くする質の悪い患者というのが現れます。

 

新規を獲得する際、どうしても良い人と悪い人は集まります。

 

高額、通常価格、低額、それを下回る格安と値段が下げれば下がる程、比例して患者数は増えやすくなりますが、反比例して質の悪い患者数も増えます。

メリットは、新規数が増えやすくなるので全体数は増えますが、
デメリットは、安くすればするほど、全体数で質の悪い患者の比率が上がります。

それはクーポン、期間限定割引にも起こります。

 

あまりに質の悪い患者を増やしすぎると、安くして売上が上がっても、前より時間を無駄に取られる感覚を感じます。

サービスをそのままで、値段を安くするというのは、労働時間を増やし、エネルギーの消耗を増やす可能性が高いです。

TOP> > ホームページで集客しようと単価を下げると!