「より信頼性が高く」具体的に何が信頼性にあたる? | ミッシェル・グリーン

「より信頼性が高く」具体的に何が信頼性にあたる?

カテゴリー:マーケティング
2017年12月22日


より信頼性が高く有益な情報が上位に


 

「より信頼性が高く」の裏には、誰が投稿しているかわからない情報とその情報が真実であるかを証明がされていないことが、検索下降の原因でした。

そこで我々が最優先でやることは、信頼性を上げるために信ぴょう性を作ることです。

検索順位下降の原因となった改善事例、ノウハウの提示、改善方法の提案、これらに信ぴょう性を付けてあげるのです。

信ぴょう性をつけるにはいくつか例があります。

 

論文の引用

医師の論文で引用可能なものがあります。
先生のノウハウや症状の改善方法を証明し、信ぴょう性をつけ、信頼させる情報にすることができます。

 

実例による事例

実例は、実際に起こっていることなので信頼に値します。
あとは、写真や動画で実例が真実であることを証明できれば良いのです。

 

一般公開されている証明されているもの。

一般公開され、証明された真実を引用することもできます。
論文を引用することに似ていますが、他院で実証された実験結果に基づいて、紹介できます。

ただ、整骨院業界では数件から数十件の事例で改善が証明されたように報告されることが多いですが、医師の世界では数百人、数千人に利用し、その「%」で報告されます。

引用する場合、このレベルでの証明された情報が良いでしょう。

 

書籍(医療従事者の)

医師や専門家の書籍の引用を利用し、証明する方法です。

 

我々に求められているのは、なぞのNo.1や施術実績2万人のように証拠されていない不確かな情報のように、改善方法や改善ノウハウが真実であるか不確かなので、それを真実であることを証明し、信憑性が上げることが上位表示につながります。

信頼性にを得る要素はまだまだあります。
最も上位表示になる信頼性ある要素を見つけましょう。

TOP> > 「より信頼性が高く」具体的に何が信頼性にあたる?