HP完成から一番辛いのは、3ヶ月目~8ヶ月目 | ミッシェル・グリーン

HP完成から一番辛いのは、3ヶ月目~8ヶ月目

カテゴリー:マーケティング
2018年1月11日

ホームページ完成から、2ヶ月以内というのは結果が出なくても我慢できます。
「まだ、完成して1ヶ月(2ヶ月目も同じ)しか経ってないからな。」と。

ただ、3ヶ月目になると。
「そろそろ、結果になってほしい・・・。」と思い始めます。

5ヶ月目で集客のために行動をしていて、新規が集まらないと。
「もしかしたら、集まらないんじゃないか。自分がやっていることは大丈夫だろうか。」と思います。
「毎月サーバー料金もかかって、どうしたらいいんだ。」

ただ、8、9ヶ月目になると大きな変化があります。それが開き直りです。
「結果が出ないなら、出るように頑張りましょう!」と
結果が出なかったこと、サーバー料金はもちろん気にしてはいるものの開き直るのです。

そうなると、結果になるのが早いです。
この開き直りをしてから、集客が集まるパターンはとても多いです。
先生によって、開き直るのが早い先生もいます。

これは、別の言葉で「吹っ切れる。」という言葉が近いでしょうか。

 

まだ、吹っ切れる前というのは。
・ホームページが良くないのでは?
・サポートが悪い?
・教えてもらっているノウハウが間違っている?

相手にホームページ成果の責任を持たせている間は、このように考えます。

ただ、ホームページが自分の所有物で自分で結果を上げなければならない。
結果が上がっていないのは自分の責任だ。と思えるとすっきりします。

それが吹っ切れた瞬間で、それから先生はホームページに対して積極的に動けるようになり、結果になります。

 

なので、3ヶ月目から8ヶ月目というのは、とてもつらく、逃げ出したくなります。
ここでサポートを中断し、ホームページ集客への行動を諦めてしまうと、その後、2年、3年放置して置いておいたとしてもサーバー料金だけかかり、集客が増えることはありません。

ここが正面場なのです。

 

サポートする側も先生が辛い思いをしていることを他人事のようには、見ていません。
向き合うと決めたからこそ、辛い時も毎月、あまりにも結果になっていないときは毎週のサポートをしているのです。

3ヶ月目~8ヶ月目は、「結果から逃げない。」
それが我々がしている本当のサポートテーマです。

TOP> > HP完成から一番辛いのは、3ヶ月目~8ヶ月目